Archive for 3月, 2013


丸の内JPタワーの内部は最近のトレンドとなる吹き抜け空間となっており開放的な空間。

アパレルやリビング、グッズなどのショップやカフェ、レストランなど98店舗が一挙にオープンしました。

とても全部見て回るのは時間の都合でできませんでしたが、どこの店もお客さんであふれていて

カフェ、レストランも行列ができていました。待ち時間を聞いたら1時間40分の店も!

数軒探して30分待ち程度の中華料理店があったので迷わず、そこに決定しました。

モダンチャイニーズの「丸の内テラス 過門香」です。インテリアは豪華で高級感あるモダンなデザイン。

料理は現代的なアレンジでヘルシーな傾向でした。

続いてスイーツの店へ。

まず向かったのはフルーツパーラーの千疋屋。しかし、ここも行列が!待ち時間を聞いたら1時間ほどと

言われ、次に気になっていた神戸から東京初出店となる「御影 高杉」へ。しかし、ここも行列でしたが

千疋屋ほどではありませんでしたので列に加わる事にしました。30分ほどで入店できましたが

店はあまり高級感はなくデザインセンスもなんとなく90年代風?席はガラス張りで窓に向かった

カウンター席だったのでちょっと落着きません。行列している人に見られていますから・・・。

カフェではなくイートイン可能というレベルでした。オーダーしたのは神戸・御影本店でも看板商品と

言われている「ミルフィユ・オ・フリュイ」。確かにやや堅めですが食べてみるとサクサクの食感の

ミルフィーユは絶品でした。クリームの甘さも上品で程よい甘さ。店の第一印象はちょっと心配でしたが

肝心の味は良いです。

ところでこのKITTE内に旧東京中央郵便局長室も再現されており当時のインテリアの

雰囲気に浸りながらリニューアルした東京駅駅舎を眺めることも可能です。

jptower324_11

kamonka1

jptower324_10

kamonka5

kamonka2

mikagetakasugi4

mikagetakasugi1

mikagetakasugi5

jptower324_7

jptower324_8

広告

東京中央郵便局建て替えに対して知識人らの旧郵便局保存運動や再開発反対運動、

また鳩山総務省(当時)の問題提起発言などで話題になったJPタワーがついに開業しました。

開業したのは先週の3月21日です。

実は竣工は2012年5月にしていて、同年7月にはゆうちょ銀行本店がオープン、

そして建替えの為、移転していた中央郵便局が復帰、部分的にオープンしていました。

商業施設「KITTE」の開業によりグランドオープンとなりました。

着工は2009年11月からで長いようですが、あっという間に開業してしまいました。

歴史的建築物だった東京中央郵便局の保存部分を拡大することで反対派との妥協を図り工事を進めていましたが、

もう完成してしまったか、という感想ですね。以前書いた記事はこちら。

早速、訪れてみたのですが、案の定というべきか、大勢の人で賑わっていました。

商業施設「KITTE」は旧中央郵便局の建物の外壁部分を保存した低層棟にあります。

(後ろ側に聳え立つ超高層ビル棟は賃貸オフィスです。)

この低層棟の屋上は展望テラスとなっており東京駅の駅舎やホーム、丸の内のロータリーを見渡せます。

新たな観光スポットの誕生と言えるでしょう。

jptower

jptower201209

jptower324_6

jptower324_12

jptower324_1

jptower324_3

jptower324_4

jptower324_5

ようやくスカイツリー天望デッキにあるレストラン 「スカイレストラン634」デビュー。

開業してしばらくは予約で常に満席。しかも予約はあっという間に埋まってしまい

予約さえ困難な超人気レストランでした。利用日一か月前から予約解禁になるのですが

昨年中は空きがまったくない状況でした。インターネット予約もできるのですが

空席情報を調べると常に「31日以内に空席がありません」と表示されていましたが

今年になってようやく空席が少しづつ出てきました。しかし相変わらずディナーは

まったく予約がとれません。今回、予定日一か月前にようやくランチがとれましたが

午後1時30分からなら空きがあると言われ、それでお願いしました。

予約すると予約番号を教えてくれ、予約シートをダウンロードしてそれに記入、

当日スカイツリー入場フロアのレストランカウンターでその予約シートを提示すると

スカイツリー天望デッキ入場チケットを渡されます。(入場料金はその場で払います)

そして天望デッキ行きのエレベーター乗り場へ向かいます。天望デッキチケットカウンターの行列は

無視していきなり改札クリア! これは快感ですね。(笑)スカイツリー天望デッキに昇るのは4度目で

高さには慣れてしまったのですがエレベーターがデッキに到着してドアが開くと乗客たちから「おお~!!」と

歓声があがります。それを聞いてあらためて凄い高さなのだと再認識させられます。(笑)

さてレストラン「634」に向かうと先ほど4階のカウンターにいた受付の女性スタッフが

もう待ち構えています。一瞬、あれ?と思いましたが従業員用の業務用エレベータで昇って

きたのですね。(羨ましい 笑)

レストランの店内はシンプルなインテリアデザイン。豪華さはないですし、モダンで

スタイリッシュかと言えばそれほどでもないですが悪くはないです。

しかし東京タワーや通天閣、札幌テレビ塔、別府タワー(笑)にはこんなまともなフレンチの

店はないですから画期的で別格の存在かもしれませんね。ここの運営は東武ホテルが担当

しているそうで接客もきちんとしていて観光地に急遽、出店したような不慣れな感じは

ありませんでした。

さて運ばれてきたメニューに目を通しこの「雅」に決めました。

雅 -MIYABI-

前菜-HATSUSUN-
アシェット グルマンド ~ 前菜の盛り合わせ ~ Assorted Appetizer

魚料理-GYOKAI-
鰆のペルシャード ローズマリーが香るソース エスカルゴのフリカッセ添え Persillade of Sawara Rosemary Aroma Sauce with Escargot Fricasse

肉料理-SHUSAI-
牛ほほ肉の赤ワイン煮 ブルゴーニュ風 Red Wine Stew of Beef Cheek Meat with Sauteed Foie Gras

デザート-KANMI-

634特製ブランマンジェ 石垣島からのパッションフルーツソース 634special Blanc-manger with Passionfruit Sauce

お茶-CHA-

コーヒー又は紅茶 Coffee or Tea

車で訪れたのでアルコールは頼まず特製ジンジャエールにしました。甘味がなく辛口でしたが

美味しいです。前菜、魚料理は和食テイストのフレンチですが繊細で上品な仕上がり。

魚は素材が良いですね。美味しかったです。

肉料理が牛ほほ肉ワイン煮込みでしたが、これは普通でした。抜群に美味しいとは

言えないかな。でも特に悪くはないですね。さてデザートのブランマンジェは泡のような作り

空に浮かぶ雲をイメージしているそうですが、メレンゲの泡立ちが軽すぎてちょっと拍子抜け。

もう少しクリーミーでまったりしていても良いと思いますね。

tst634_14

tst634_13

tst634_11

tst634_10

tst634_15

tst634_1

tst634_2

tst634_3

tst634_4

tst634_5

tst634_6

tst634_7