Archive for 2月, 2010


本日、(2月23日)○○回目の誕生日を無事に迎えました。
そして、ついに2年越しの念願かなってイデミ・スギノでバースデーケーキを購入しました。
今年の誕生日は平日なのでお祝いを日曜日の21日に繰り上げ、その日に
ケーキを用意することになりました。前回、品切れとか予約で一杯という理由で
断られたので今回は早めの2月10日に予約の電話を入れ、なんとか確保できました。
2年前の記事↓
それでもラスト3個しか在庫がなく直径10cmのコーヒームースケーキが1個と
12cmのカシスムースのケーキが2個残っているのみ、と説明されました。
21日に入手したいのならば2月18日にもう一回予約のチャンスがあるが、朝から
電話が殺到して、あっという間に売り切れる恐れがある、との説明を受け、リスク回避の
ため現在庫のカシスのムースを注文してしまいました。何故2月10日に残っていたかと言うと、
バレンタインデー用のケーキに注文が殺到していてバースデーケーキの受注がそのせいか
やや少なかったそうなのです。普段なら在庫がすぐに無くなってしまうそうなので、どうやら
ホールタイプのケーキは限定生産らしいですね。(いやイデミ・スギノのケーキはすべてか)
注文すると持ち運び時間や食べる予定の時刻など確認されました。そして仕上がり時刻は
早くても午後1時なので、お渡し時刻は午後一時以降にしていただきたいと説明を
受けましたので、午後一時に引き取る事にしていただきました。
 
 
そして21日(日曜日)の午後一時頃に店に行ったのですが、すでに店内はイートイン待ちの
15人ほどのお客で一杯でした。多分、その人数分のケーキはショーケースには残って
いたと思いますが、私の後から入店したカップルはショーケースを確認するなり
「もうだめそうね」といって帰ってしまいました。
2ヶ月ほど前の日曜日の午前中に訪れた際には店の外にも20人ほど並んで
いましたので今回はそれでも多少、空いていたのかもしれません。(笑)
 
到着した時刻は正確に言うと午後12時55分頃。並んでいる人々をすり抜けレジに
向かい係りの女性に「バースデーケーキを予約した○○ですが」と声をかけたところ
すぐさま厨房と連絡をとり今、仕上げ段階なのでもう少々待っていただきたいとのコメント。
出来る限り新鮮な状態の商品を渡したいから、引渡し時間ギリギリの完成を目指して
いるのか、と好意的に解釈しました。(笑)
そして待つ事、10分後、ようやくレジから呼び出しがあり、すみやかにレジに向かうと
完成したケーキが待ち受けていました。カシスのムースなので鮮やかな赤紫色が
印象的。レジ周りにいた他のお客さんからも「美味しそう~」とのつぶやきが・・・。(笑)
そして4000円の支払いを済ませ一目散に帰路につきました。
 
さて長い前置きになってしまいましたが肝心の味について。
 
カシスのムースの味は酸味がややありますが甘さと絶妙にバランスしていてすっきりした
美味しさ。余計な雑味がない純粋な甘酸っぱさとはこれでしょう。
ムース部分のスムーズさ、滑らかさは極上ですね。もちろん下のベース部分も
繊細かつ豊潤な食感と味わいです。こんなに凝った作りで美味しいバースデーケーキは
他にないでしょう。
 

LED電球

タイトルとは関係ないのですが明日は、平成22年2月22日でぞろ目の日です。
何かイベントはないか、探してみましたが記念乗車券くらいしか見当たりませんでした。(笑)
ちなみに平成3年3月3日にはこの年、開業33周年を迎えた333mの東京タワーでぞろ目を
記念してイベントがあったと記憶しているのですが、検索しても見当たらなかったです。(笑)
 
さて本題に入りますが、本日初めてLEDランプを購入してみました。
NECライティング社のLED電球LIFELED’sです。
 
 
長寿命、省電力で環境に優しい商品として注目を浴びていますが、ネックは価格と
明るさです。4000円近い値段で、明るさも白熱電球60W相当の物しかありません。
しかし価格に関して言えば寿命が40倍、消費電力は9分の一ですので長期の使用で
結果的には経済的になるでしょう。続いて、問題の明るさはどうでしょうか。
ダウンライトとして使ってみましたが100Wのレフランプと比較してもそれほど劣ることは
ない気がします。ただし色合いが青っぽく涼しげな感じで他のランプと一緒に使うのは
違和感を覚えます。モダンな現代建築やデザイナーズハウスには似合うと思いますが
和風住宅や、アーリーアメリカンな家には合わない気がします。また色調が涼しげなので
夏には良さそうですが冬だと暖かみがないかな。実際、電球から熱は出ていませんし。
しばらく点灯させたあと、触ってみましたがほとんど熱は感じませんでした。
 
ダウンライトで使用。奥の2個が普通の100Wレフレクターランプ。
 
 
東京スカイツリーがついに高さ303mに到達。
ヘリコプターが午後2時頃、タワーの周囲を旋回飛行していました。
 多分、新聞社の取材ヘリだったのでしょう。
 
 
 
すかさず定点観測動画もバージョンアップしました。
 
object width="480" height="385">   
 
 
カカクドットコムが運営する最大・最強の口コミグルメサイト「食べログ」が
「食べログ東京・横浜2010」というタイトルで3月3日にグルメ本として発行されます。
http://r.tabelog.com/campaign/book/tokyo2010.html
 
 
実は私も「K-BIGSTONEのレストランガイド」として4年ほど前から
こことは別に書いていました。(重複する記事もかなりありますが)
http://u.tabelog.com/kbigstone/

で、この度の出版化で私のレビューから7軒のレストラン(カフェ、スイーツ店含む)の

口コミ&写真を採用していただきました。
かなりの簡略化で数行程度に圧縮されていますが、ご興味があれば
ご購入ください。(笑)
 
↓は校正チェック用の誌面イメージです。ほぼこれで出稿されるようです。
久しぶりの東京スカイツリー定点観測です。
現在289mですが(数日前の新聞発表)もうまもなく高さ300mに到達。
3月ごろには東京タワーの333mを超え日本国内では最高の建築物になる予定です。
定点観測動画2009年までの分をYoutubeにアップしてありますので
ご覧ください。二重の虹と一緒に捉えた貴重なショットもあります。
 
     
 
 
2週間前にスカイツリーの立つ押上・業平橋まで出かけてきました。
周囲の道路は見物人で一杯です。東京スカイツリーのすぐ脇を流れる
北十間川の川岸には見物用の張り出しデッキや広場を整備するため堤防を解体工事中。
そのため、それに沿った道路の幅が狭くなっています。そこに見物人や見物目当ての
車やタクシーが押し寄せかなり危険な状態になっていました。これを撮影していた時には
ついに車が通行人と接触事故を起こす事態に。軽症だったようですが警察が現場検証を
行い怪我人の応急処置もしていました。警官はかなり神経質になっていて見物人に対し
「ここは道路ですから立ち止まらないで下さい!。ここは見物場所ではありません!」と
拡声器で警告を行っていました。事故が起きてしまったのですから仕方ないですが
警察のこの態度は厳しすぎるのでは?と思いました。 今後、見物や撮影が規制され
なければ良いのですが。心配です。
 
 
 
さかさスカイツリー