Archive for 3月, 2011


今日初めて、地震で曲がった東京タワーのアンテナを肉眼で見てきました。

曲がってしまったのは、はっきりと判りますが、危険な状態ではないと思います。

アナログ放送波の出力アンテナなので今年の7月には使用停止になりますし

修理する必要はないのかもしれません。いやそれより修理するとしたらあのような箇所を

どうやって修理するのか興味津々です。東京スカイツリーは遥かに高い625m(震災時)なのに

まったく被害は受けなかったそうですから、やはり53年間の建築技術の進化を見せつけたと

思いますね。と言ってもアンテナ部分なので建築工学とはあまり関係ない部分かもしれませんが。

 

追記:

昨日、知人と話していたら震災時に東京タワー展望台にいたことが判明しました。

地震の最中はタワーが激しく大きく揺れ、捻れてゆがむのを体感。展望台からの景色が上下左右するので

東京タワーが、ついに崩壊するのかという極限の恐怖を味わったそうです。

震源地が東北ではなく、もし東京だったら東京タワーはどうなっていただろうか、とあらためて

ぞっとしたそうです。

修理中の動画をYoutubeで見つけました! 作業員の方が4人登って作業されています。

広告

大震災の影響がこんなところにも。

会社に毎朝、ヤクルトおばさんが、いやヤクルトレディーさんが訪問販売に来るのですが

先週からヤクルトの商品が品薄になっています。種類も量もかなり減っています。

いつも頼んでいるミルミルもありません。ヤクルトレディーさんに理由を尋ねると

「申し訳ございません。入荷していないのです。」 私「震災の影響ですか?」

ヤクルトレディーさん「はい、工場が岩手、福島、茨城、千葉にあって操業停止して

おりますので、ご迷惑おかけしています。」私「え~!全部、被災地じゃないですか~」

ヤクルトレディーさん「はい、ですので現在、神戸の工場から回してもらっている状況なので

数が少ないのです。お気に入りがないのでしたら、ご無理なさらずとも結構ですよ。」

仕方ないので普通のヤクルトを購入しました。席に戻って瓶の裏側を確認してみたら、

やはり、製造者(株)神戸ヤクルト工場と表示されていましたね。

先日書いたプッツマイスターの記事は情報が誤っておりました。

現在、放水活動を行っているのは中央建設の車体ではなくドイツ・プッツマイスターの

日本法人 プッツマイスタージャパンの所有車だそうです。

訂正し関係各位にお詫び申し上げます。

http://www.pm-j.co.jp/index.html

被災された方々や救援活動をされている方にとっては些細な問題ですが・・・。

今回の東北地方の大地震はマスコミ各社によって名前が違うのが気になりました。

NHK、日本赤十字社は「東北関東大震災」、朝日新聞、産経新聞、毎日新聞、民放各社

は「東日本大震災」、読売新聞は「東日本巨大地震」、日本テレビは「東日本大地震」

とバラバラです。気象庁は「東北地方太平洋沖地震」と命名し、多分これが正式名称

なのでしょう。GoogleやYahoo!を初め、様々な企業やショップのウェブサイトでの

お見舞い広告は「東北地方太平洋沖地震」で統一されています。

なぜマスコミは統一できないのでしょうか? ただし地震の正式名称と一般に認知されて

いる地震災害の名称が異なるのは通例のようです。

関東大震災(関東地震)

阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)

追記

4月1日に政府が閣議決定で「東日本大震災」と命名したそうです。

でもNHKはまだ「東北関東大震災」名を修正しきれていないようですね。

福島原発事故の冷却水注入作業で活躍しているドイツの「Putzmeisterプッツマイスター社」

コンクリート圧送機。当初、東電に門前払いを食らったそうですが政府からの要請で

現地入り。威力を発揮しています。チェルノブイリ原発での石棺化に使われた重機と同型で、

日本では3台しかないものだそうです。
http://www.pmw.de/cps/rde/xchg/pm_online/hs.xsl/9380_ENU_HTML.htm

所有していたのは中央建設という三重県の会社。自己犠牲精神には感服します。

海水連続放射でポンプやパイプが損傷するでしょうし、車体も放射線汚染されて使い物に

ならなくなってしまう恐れもあるのに、素晴らしい決断です。東電や原子力保安院にも

見習って欲しいですよ。

http://www.chuo-groups.co.jp/concrete/pm_m52.html

プッツマイスターは丸の内PCPや六本木ヒルズ、汐留の超高層ビル街を手がけているのですね。

そういえば以前、ミニチュアカーを見かけた事があったなあと思いだしたので、検索したら

出てきました。↓ドイツ・コンラート社製です。

http://www.conradmodelle.de/index.php?option=com_fmmodelle&task=display&item=4&modell=99917

ヤフーオークションにも出品されていました。

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w56991416

スーパームーン

一昨日、3月20日は月と地球の距離が最短になるスーパームーンの日。

NASAによると、月と地球が最も遠い距離にある時と比べると、およそ14%も大きく、

30%も明るく見えるとのことだそうです。この最接近は18年ぶりだとか。

引力の影響で地震との因果関係を指摘する科学者もいて実際にスーパームーンの 時は

地震が多かったという説もあり、今回の東北大震災との関係を疑っているらしいです。

しかし実際、震災が起きたのはその9日も前ですので否定的な意見が多いですね。

 だが22日頃、もう一回大きな地震が来るとの予知情報も出ています。気をつけましょう。

下の画像は昨年2010年9月22日の満月との比較です。比べるとかなり大きいのが

判りますね。↓

追記:22日、地震が多かったですね。23日以降にも大きいのが来るそうです。

陸前高田

偶然、あるレストランのブログをネット上で見つけました。私には縁もゆかりもありませんが。

そのレストランの名はh.イマジン。所在地は岩手県陸前高田市。

そうです。東北関東大震災で津波により壊滅した町です。

http://love.ap.teacup.com/himagine/

このブログには3月10日の地元新聞・東海新報の朝刊の記事がスキャンされて

アップされています。前日9日に高さ60cmの津波があって町民が高台に

避難したと書かれています。つまり11日の本震の予行演習になっていたのでは、と

思わずかすかな期待を抱かせられます。是非、多くの人が逃げのびられたと祈りたい

記事です。このレストランのオーナーさんも助かっていて欲しいと切に願います。

このブログを読むとこの店は2010年2月に不審火で全焼、その年の12月22日に再開を

果たしたと書かれています。まさか、その3ヵ月後にまたもや悲劇が襲うとは・・・。

なんとかご無事でありますように・・・。

追記

ここのオーナー助かったそうです。ほっとしました。

http://rikuzentakata.bbs.fc2.com/

ところでこの記事を書いた地元紙「東海新報」は公式サイトが3月11日で更新が止まっています。

この中の3月10日付けの記事に胸が痛くなります。

「陸前高田市立第一中学校(佐々木保伸校長、生徒298人)の体育館改築工事完了に伴う

落成式は、11日に同体育館で行われる。当初は2月20日の予定だったが、空気検査で

シックスクール症候群が懸念されたことから延期された。」

落成式の直後に津波が来るとは・・・。

http://www.tohkaishimpo.com/

すでにメディアでも報道済みですが、昨日ついに東京スカイツリーが634mに到達しました。

あらゆるメディアが大震災の報道で埋め尽くされている中、久しぶりに明るいニュース。

ネット上で昼過ぎにリフトアップ開始の情報を得て午後3時ごろ現地に着きましたが

既にリフトアップ作業は終わり634mに到達していました。地震の影響もあるのか

見物人はかなり少なく報道陣や取材ヘリは来ていましたが、なんとなくひっそりした中での

リフトアップ完了でした。

原発

福島原発が危機的状況を迎えていますが、そもそも寿命が10年くらいの

原子炉を廃炉にしようとしたらノウハウも金もないので、そのまま

ずるずると40年も使ってしまっていた超老朽原子炉だったというのが

明るみになっています。設計用限界地震が、日本の原発で最も低い270

ガルで建設された、最も耐震性のない原発であったそうです。(今回の

東北大震災の宮城県での揺れは2933ガル)また津波で冷却装置が次々に

破壊されましたが100年ほど前に起きた三陸地震津波の記録があります。

津波被害は想定できたはずなのです。福島原発事故は人災ですね。

ところで福島原発で検索していたらこんな記事を見つけてしまいました。

信じられない内容です。こんな人たちがいないと成り立たない原発。

弱者の犠牲の上に成り立つ原発。

http://www.jca.apc.org/mihama/rosai/elmundo030608.htm

http://www.nuketext.org/roudousha.html

次に廃炉で調べたらこんな記事も見つけました。

原子炉を停止させるだけでは済まないし、かなりの費用と期間がかかる

のですね。使用済み核燃料の冷却期間は3年から5年。放射能が消滅する

には300年もかかると言われています。

これを読むと日本で原子力発電はもう無理だなという思いになります。
http://www.iam-t.jp/HIRAI/page16.html

しかし広島、長崎、第五福竜丸、と世界唯一の核兵器被爆国だった日本が

またもや被爆の恐怖に曝されています。核の恐ろしさを知っている日本

だからこそ原子力発電に対し反対するべきだったのでは、と思います。

ごく一部の反対派を押し切り原子力発電を推進する国に対し国民が

明確な反対意見を示すべきだったと思います。もう今さらでしたが・・・。

↑の画像は夢の島公園に展示保存されている第五福竜丸です。

東京スカイツリーが3月15日に高さ625mに到達しました。

いよいよあと9mです。ゲイン塔の1ブロック分をリフトアップすれば634mに達します。

昨日は強風で工事がストップしていたとか。今日、明日で動きがあるのでしょうか。

それとも多くの企業のように作業員は自宅待機されているのでしょうか・・・。