Archive for 1月, 2010


高知から大阪USJへ

社員旅行ネタが延々と続きますがご容赦を。
(もう帰ってきてから2週間も経っていますね)
画像は高知龍馬空港(高知空港)から大阪・伊丹空港へ移動する際に乗った
ANA1604便です。機種はボンバルディアDHC8―Q400。
なんと2007年に高知空港で車輪が出ずに胴体着陸した機種です。
 
Youtubeで胴体着陸ニュースの動画を発見。↓
          
 
しかも乗った便は1604便。
この便は2008年12月頃に機長が運行中に機長席からデジタルカメラで離陸直前の
滑走路や大阪国際空港進入時の空港全景、佐渡島上空飛行中の機内計器を撮影して
昨年2009年1月上旬からインターネット上の会員サイトに掲載して問題になりました。
この機長は国交省から厳重注意を受け、しばらく乗務停止処分になったそうです。
その画像は既に削除されましたがキャッシュが残っていたのでご覧ください。↓
 
 
いやな予備知識が増えて不安な空の旅でしたが、まあ、無事に大阪に着き
USJへと向かいました。ユニバーサルスタジオは2002年以来2度目。
ハリウッドにも行ったことがあるので今回で3度目です。
 
ジュラシックパーク・ザ・ライドにも今回で3回乗りましたが、やはり本場ハリウッドの方が
広大で迫力も上ですね。最後の水面への落下でもずぶぬれになりました。
しかしハリウッドは温かく湿度も低いので、あっという間に乾き、不快感はありません。
USJで二度目に乗った時は、まったく濡れなかったので、日本版は生ぬるい、と馬鹿に
していたのですが、今回、USJでもう一度乗ってみたら、見事ずぶぬれになりました。(笑)
しかし、ここは寒くて湿度も高い冬場の大阪。不快感が残りました。(苦笑)
ジュラシックパーク・ザ・ライドは日本では撮影禁止ですがハリウッドではOKでした。
ハリウッド版をYoutubeにアップしておきましたのでご覧ください。
 
  

    
 
広告
今回の高知への旅で個人的に最も興味を持っていたのはJR四国の高知駅。
この駅は2009年に高架化され新駅舎が1年前に完成していました。
実は昨年の8月頃、購入した建築専門誌「新建築」にこの高知駅の紹介が
されていて、そのダイナミックなデザインに驚かされていたのです。
一度見てみたいと思いましたがしかし、所在地は高知・・・。
わざわざ駅を見物に高知までは行かないな、と諦めていました。
ところが、突如、昨年11月頃、社員旅行で高知行きが決定。しかも宿泊するホテルの
すぐ近くに駅があったのです。(いや、駅の近くにホテルがあったのですが)
なんとラッキーな事でしょう。(笑)
高知に限らず、日本全国で鉄道による道路や都市の分断が問題になっていてレールの
高架化か地下化が促進されていますが、ここ高知でも1995年に高架化が決定され
駅の構想や新駅舎のデザインが1997年からスタートしたそうです。つまり設計開始から
完成まで12年の月日を要したプロジェクトでした。
設計・デザインを担当したのは建築家の内藤廣氏。JR九州の宮崎・日向市駅の設計
で国際的なデザインコンテストのブルネル賞最優秀賞を受賞した方です。
2009年度のグッドデザイン賞大賞を受賞し話題になったJR岩見沢駅の設計コンペの
審査員も担当されました。
駅のコンセプトとしては高知県は土地の8割が森林なので県産の杉材を用いた
ドームを駅の上に架ける構造になっています。しかし異例なのは屋根を支える支柱の
片側が鉄道用地を飛び越え道路用地にある事。これは国内初の試みだそうです。
当時、設計者も革命的で面白いが実現化は不可能だろうと考えていたようです。
設計段階ではもう一案、常識的な案が存在しそれはドームが高架上に収まって
いた構造でした。形がカツオ節に似ていたのでカツオ節案とも言われていたそうです。
しかし地元新聞がこの2案について「カツオ節か維新精神か」と取り上げてしまった為
地元の世論が一気に革命的な構造を支持してしまったそうです。さすがは維新の
英雄を生んだ高知県ですね。(笑)
画像は駅南口から。自動改札口は四国初で現在唯一だそうです。

ホームからの撮影。高知県産杉材のドームがホームを覆っています。

↓は北側です。ドームが駅を跨いで道路側に着地しています。
これが革命的な構造です。

列車が駅に到着する時にチャイムが流れますが、なんと「アンパンマン」のテーマ曲!
車両にもアンパンマンのキャラクターが付いています。

また、この路線は未電化のため列車はディーゼルです。駅構内に排気ガスが
放出されますので、建物にその排気の性能も求められていたのでした。

高知県の主な見学目的はアンパンマンミュージアムでした。
なぜ高知にアンパンマンミュージアムが?と思われるかもしれませんが
作者のやなせたかし氏が高知県の出身だからだそうです。故郷に記念美術館を
作ったというわけです。正式名称は「香美市立やなせたかし記念館」で
アンパンマンミュージアム、詩とメルヘン絵本館、やなせたかし記念館別館及び
やなせたかし記念館公園で構成され運営はアンパンマンミュージアム振興財団。
 
内部にはアンパンマン関連の絵画やスケッチ、ジオラマ、キャラクター商品など
かなりの数の作品や商品が展示されてありショップもあります。
内部は撮影OKだったのですが残念ながらWEB公開は禁じられています。
代わりにこちらの公式サイトをご覧ください。↓
(しかし画像が小さくて素人くさい作りのサイトですが・・・)
http://www.anpanman-museum.net/
こちらはアンパンマン公式サイトでのミュージアム紹介↓
 
 
 
 
高知市内を宿泊するホテルに向かって走行中、観光名所の「はりまや橋」の
横を通りました。あまりにも小さくてびっくり。現在の車の通行に使われている橋は橋の長さ
より道路幅のほうが広く、もはや橋とは言えません。有名な赤い橋は10mほどしか
なく、バスガイドさんの説明によると「日本三大がっかり名所」の一つだと言う事です。
他の二つは北海道「札幌時計台」沖縄「朱礼門」と説明され、激しく同意しました。(笑)
下の画像は車道のはりまや橋上のバスの中から撮影。現在のコンクリート欄干と
有名な江戸時代の赤いはりまや橋(復元ですが)を捉えています。

 
これは上の画像の元画像。左にはりまや交差点まで写っています。
 
ソフトバンクのCM「高知編」ではりまや交差点の風景が一瞬写ります。
私の撮影した↑画像の左端にある高知銀行が↓に写っていますね。
もう先週の話ですが社員旅行で高知&大阪ユニバーサルスタジオに行ってきました。
四国は個人的には二度目(一度目は徳島)ですが高知県は今回、初めてでした。
我々が訪れたときは気温10℃位で東京と変わらない温度でしたね。
バスガイドさんや土産物屋のおばさんの話では売り上げが昨年の
同期比1.5倍になっているそうでNHK大河ドラマ効果が現れているようです。
「龍馬伝」は私も見ていますがプログレッシブ撮影による映像が大河らしくなく新鮮です。
福山雅治演ずる坂本龍馬も新解釈で面白いです。今回の龍馬は経済人としての
側面にスポットを当てるらしいですが、政治経済が低迷している日本にとって渇望されて
いるヒーロー像なのでしょうか。
ドラマでは来週からは舞台が江戸に移りますが高知県人気は続くでしょうね。 
画像は高知県桂浜にある坂本龍馬像です。こんなに高い台に載っている
とは知りませんでした。
 
 
 

いまや大河ドラマやソフトバンク携帯CMのロケ地で有名な浜辺です。
金曜日だったので空いていました。

 
武田鉄矢の龍馬かぶれが立っていた場所。
 
以下、ソフトバンクCM 高知編 桂浜・龍馬かぶれから。
このCM、白い犬のお父さんが武田鉄矢を見て「なんだ、龍馬かぶれか」と
馬鹿にしますが、この犬の声を演じているのが北大路欣也。
1968年の大河ドラマ「竜馬が行く」で坂本龍馬を演じた名優です。
このCM、実は奥が深いですね。(笑)
 
 
 
数年前から参加しているグルメサイト「食べログ」管理人さんから昨年末にお誘い
いただいていた日本マクドナルドの「ブロガーカンファレンス」~本格的ビーフハンバーガー
体験会~に見事に?当選し本日、行ってまいりました。
場所は都内某所(厳重なセキュリティ管理がされているテストキッチン(通称:スタジオM)。
マスコミにもまだその存在を明かしていない極秘の施設だそうです。このスタジオMの
住所、ビルの外観は一切明かしてはならないと約束させられましたので、残念ながら
ここには書けません。ただし内部の一部は撮影とWEB公開を許されました。
スタジオM(studioM)入り口にいるドナルドです。↓
 
 
下の画像は一般店舗を再現したスペース。社員研修や新製品の試食、CM撮影に
使用されているそうです。
内容は昨年末12月24日に発表された「Big America」シリーズ、4種類のハンバーガーを

試食する体験会であります。その4種類のハンバーガーとは・テキサスバーガー
・ニューヨークバーガー
・カリフォルニアバーガー
・ハワイバーガー であります。
明日8日から限定試験販売が開始され本格販売は1月15日以降となる新商品です。

 
 
 
開発責任者の方からのコンセプトや具材、味付けなどの詳細な説明を聞きながらの
試食会となりました。ベースとなったのは最近のヒット作であるクオーターパウンダー。第1弾「テキサスバーガー」は2010年1月15日(金)~2 月上旬での販売を予定。
コンセプトはテキサスの名の由来であるアメリカ西部の荒々しさ、男性的な食感をイメージ。
スパイシーでマスタードの味付けが印象的なソースにベーコンがマッチしています。

第2弾「ニューヨークバーガー」は2010年2月上旬~2月下旬の販売を予定。
ニューヨークらしいスタイリッシュでスマートなイメージを追求。クラブハウスサンドを
コンセプトにした仕上がりだそうです。味はあまり特徴がないかな・・・。

第3弾「カリフォルニアバーガー」は2010年2月下旬~3月中旬の販売を予定。
カリフォルニアといえば豊かな農作物の産地。その食の宝庫をイメージしたのが
このハンバーガーです。カリフォルニア赤ワインを使用した特製ソースは確かに香りが
しますが、子供には嫌われてしまうかもしれません。大人向きでしょうか。

第4弾「ハワイアンバーガー」は2010年3月中旬~3月下旬に販売予定。
ハワイといえばパイナップルですが、これはあえて使わずにハワイの名物料理

「ロコモコ」を再現したそうです。目玉焼きが意外に美味しかったですね。しかし、さすがに一気にビッグマックハンバーガーを4つ食べるのはきつかったです。
しかも施設の都合上、1時間少々で試食体験会を終える必要があり、急ピッチで
食べたので参加者のかなりの方は残されているようでした。(完食の方もいましたが)

私の座ったテーブルは食べログからの招待者が一人と他のブログを通じて参加の

方が一人の合計3人でした。他のブログの方は今回のイベント企画を運営された
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社の募集広告を見て参加されたようです。
味はともかくとしてこのようなブロガー参加型の広告イベントは私は始めての参加
でしたが非常に面白い体験でした。なおこのイベントは取材班が撮影しており、
マクドナルドの公式サイトで画像や動画がアップされる予定です。
追記:アップされました。↓

謹賀新年2010

新年明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

                      2010年年賀状