Archive for 6月, 2011


タワークレーン解体は最初の一本は迅速に行われ、あっという間に姿を消しましたが

残りのクレーンは急にスピードダウン。かなりのんびりしたペースになっています。

しかし第二展望台のネットが外されたり徐々に完成形に向かって進行していますね。

この数日間は梅雨も一段落、晴れ間が広がり青空の下でスカイツリーの姿を鑑賞できました。

この地域の独特の気象状況なのか、午前中、霞んでいることが多いです。

昼過ぎからすっきり見えてくる事が多いと思いますがどうでしょう。

勿論、逆に午後から天気が崩れる事もありますが、天気予報で曇りか晴れの予報が出ていた

場合、午後からすっきり見渡せるケースが多いと思います。

広告

なつかし映画大賞!

先週末日曜日26日に放送された「なつかし映画大賞!」に私の撮影した画像を使っていただきました。

それは1981年に閉館した京橋のシネラマ映画館「テアトル東京」の画像です。

30年前、閉館直前のラストショーの上映を見に行き、その際に記念に撮った画像でした。

それを3年前に記事にしたのですが、その記事をテレビ東京の制作の方に見つけていただきました。

出演者の泉麻人氏がスターウォーズをテアトル東京まで見に行ったというコメントをされるのですが、

その時に資料映像として小さなウィンドウの中にこのテアトル東京の画像が表示されました。

30年前にフィルムで撮影した写真をまさかこのような形でテレビに使われるとは夢にも

思いませんでした。(笑)

実はもう先週の話ですが、夢のような体験をしてきました。

俳優・古谷敏さんとポインターに会ってきたのです。一般の?若い人は知らないかもしれませんが、

ウルトラファン、マニアの方ならご存じで、もはや常識、基礎知識になる存在です。

古谷さんは初代ウルトラマンのスーツアクターで「ウルトラセブン」のアマギ隊員役として有名な方。

ポインターはウルトラ警備隊のパトロール車で、多分歴代ウルトラビークルの中で最も人気が

ある車でしょう。お会いした場所は、ウルトラファンにもなじみのある丸の内。

ウルトラシリーズで頻繁にロケ地として登場した街です。ウルトラQでは「マンモスフラワー」

「ゴーガの像」「ガラモンの逆襲」「バルンガ」

ウルトラマンでは「侵略者を撃て」「ミロガンダの秘密」「怪彗星ツイフォン」「禁じられた言葉」

ウルトラセブンでは「蒸発都市」「ダークゾーン」「アンドロイド0指令」などなど・・・。

丸の内でアマギ隊員とポインターに出会うとは聖地で聖者に出会うようなものです。(笑)

さて、その雄姿をご覧ください。まずはポインターのハイビジョン動画から。

実はこのポインターはなんとファンの方が自分で作ったレプリカ車です。

しかしベース車両は本物のポインターとほぼ同じクライスラー・インペリアル・クラウン。

実際のポインターはクライスラー・インペリアル・サザンプトンでラジエーターグリルのデザインが

若干、異なります。オリジナルのHEMIエンジンは壊れてしまいシボレーのV8に換装したそうです。

続いてデジタル一眼EOS5D markIIで捉えた画像。

いよいよアマギ隊員の登場です。(ポインターを一緒に見ていましたが)

なんと46年ぶりに対ジラース戦以来のゴジラと共演? しかし古谷さん今でもスタイルがいいですね。

さて場所を銀座に移動して「ウルトラマンA」のTAC美川隊員を演じた西恵子さんが経営する喫茶店「蕃」

にてお二人の2ショット。いやあ貴重な夢のような体験、ありがとうございました。

ban2

スカイツリーの商品が多数、出品されていました。

これは大滝の情景モデル。スカイツリータウンまで作り込まれています。

ナノブロックスカイツリー。

やのまんの「4D CITYSCALE TIME PUZZLE」これ良いですね。スカイツリーは端にあります。

スカイツリーのボールペンや孫の手!。よく版権元の審査通りましたね。(笑)

セガトイズの家庭用プラネタリウム「ホームスターアクア 東京スカイツリー」

スカイツリーがプラネタリウムで見られます。デススターが投影できるR2D2もありました。

今年でスーパー戦隊シリーズ35作目なので凄いことになっています。

エア怪獣カワイイですね。

バンダイの変形ミニカーVOOVの展示用自動変形ディスプレイ

東京おもちゃショーの土日一般公開の入場者数は139872人で会期中の合計入場者数は158654人。

昨年の158311人をわずかに越え入場者数は微増となりました。出展メーカーが減って業界の入場者数は

減ったのにこの数値を出せたのは立派だと思います。あらゆる産業が売り上げ減少に苦しんでいるのに

玩具業界が好調なのは旅行やテーマパークでの行楽を中止し外食や車などの購入を控えた家族がせめて

子供に夢や楽しさを与えたいという親心からの消費行動からの結果でしょうか。

2011年東京おもちゃショーで発表された話題商品は機動戦士ガンダムAGEのプラモデルがあります。

工具や接着剤、塗装などは不要ですぐに組み立てられます。また「ゲイジングチップ」というICチップで、

店頭に設置予定の無料ゲーム機「ゲイジングバトルベース」などと連動して遊べます。

タカラトミーの「おかしなかき氷ガリガリ君」

同じくタカラトミーの「ビールアワー」

東京おもちゃショーが6月16日から開幕されました。

今年は例年7月開催とは異なり6月の開催となっています。節電の為か暑い夏季の日程は避けて6月に

前倒ししたようです。東日本大震災で中止も検討されたようですが「子供たちに元気になってほしい

との思いで開催に踏み切った」(日本玩具協会の高須武男会長)そうです。しかし出展企業は昨年に

比較すると7社減っているようです。16日(木曜)、17日(金曜)はバイヤーズデーでしたが

昨年2日間の入場者数1万9,477名から今年は1万8,782名へと下がってしまいました。果たして土日は

どうなるでしょうか。今年も話題商品は昨年に引き続き東京スカイツリーで各社競作ですが、昨年より

出品メーカーが増えました。一番の話題はバンダイの1/700、高さ 90cmのプラモデルです。

ライトアップの二つのモード「雅」「粋」はもちろん展望台の回転LEDも再現しています。

ただし本物とは異なり物理的に回転させているとの事ですが。工事用のタワークレーンも付属させ

建築途中も再現できるのはスカイツリーファンには嬉しいですね。

頭の良いアイデアだなと感心したのはタカラトミーの「プラレールアドバンス」

昔からある定番商品ですが、なんと車両の幅を半分以下にして小型化。

それにより従来の単線レールを簡単に複線として使用できるというアイデア。元が複線レールの場合は

複々線になり4編成の車両の同時走行が可能です。スリム化したので車体もよりリアルなプロポーションに

なり、プラレールを卒業した子供やNゲージのファンも取り込める可能性がありますね。

メルセデス・ベンツCクラスのマイナーチェンジが行われました。

発表以来4年経過し初めての大がかりなマイナーチェンジになります。

もう4年か、と驚きました。国立代々木競技場でのデビューイベントは2007年だったのですね。

当時の記事を読み返してみました。↓

https://ko10008.wordpress.com/2007/06/24/%e6%96%b0%e5%9e%8bc%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b9/

今回、変更箇所はかなりの規模になり殆どモデルチェンジに近いそうです。

確かに外観はあまり変わっていないようですがヘッドライトやフォグライトが変更されボディも

リファインされていて空気抵抗はCD値0.26とセダンとしては世界最高レベルにアップ。

直4・1800ccエンジンはスーパーチャージャーからターボチャージャーに変更されました。

V6・3500ccモデルはバンク角60度に変更された新設計エンジンです。アイドリングストップが

付き、ATは7速オートマチックになりました。

期待しながら世田谷のヤナセ「メルセデス・ベンツ東京」を訪れました。

現物を見て驚いたのは内装です。これこそフルモデルチェンジ!

ダッシュボードやメーター、ステアリングはまったく変わってしまい、かなり

質感と、高級感がアップしていました。早速、試乗させていただきました。

試乗車は残念ながらC200でベーシックグレード。4年前に乗った車種と同じでした。

ちょっとがっかりしましたが公平に正確に比較するには良いかもしれません。

シートベルトを締めてロックすると電動でクイックイッと緩みを巻き取ります。

おお、まるでW212新型Eクラスと同じ装備!いきなり驚かされます。

そして路上に出ます。歩道を横切り環八に降りますが、段差でのショックの

柔らかい事。とても上品な身のこなしです。これにも驚愕。路上の細かい凹凸は

見事に吸収して違う道路か路面補修された道路を走っているようでした。

走り出して加速すると4気筒とは思えぬ静かでスムーズな回転。以前、スーパーチャージャーの

コンプレーサー音がやや聞こえましたが、今度はタービンの音は一切聞こえません。

加速も敏捷でターボ独特の段付きもありませんでした。タイヤからのロードノイズは若干あり

新型Eクラスのような静寂感は求められませんが1800ccの車なら十分納得できる静かさです。

この完成度の高さには正直、脱帽ですね。でもこの上にV6・3500ccのC350が控えています。

果たしてどんな完成度なのでしょう。馬力は306馬力で、なんとV8・5000ccのE500(旧モデル)と同等・・・。

アトリエ77

先日、記事に書いたアトリエ77の自分で撮影した画像が見つからず、仕方なくグーグルアースの

ストリートビューから借りてきました。いやあ、こんな使い方があるとは・・・。

ところでストリートビューが凄く進化していたのには驚きました。以前のは↓

https://ko10008.wordpress.com/2008/08/08/%e3%82%b0%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc/

でしたが最近バージョンアップされた画像はバーチャルリアりティです。

これが噂のスターツアーズ2。正式名称はStar Tours: The Adventures Continue

Youtubeにプロモーション動画が発表されています。やはり3D映像ですね。

下の動画はアメリカでの5月20日のオープニングセレモニーの様子。

東京ディズニーランドでは2に切り替える予定はないそうですね。

ダースベイダーがスターツアーズを見物に訪れるプロモーションビデオ、傑作ですね。