Archive for 10月, 2011


今日もスカイツリーの背景に変な雲が出ていました。
地震雲でしょうか?

広告

スカイツリーが見えるレストランシリーズ、第三店目はまたも浅草のイタリアンです。

店名は「リストランテ・バンキーナ」リストランテですのでやや高級店に属します。

場所は浅草松屋の傍。隅田川サイドの大通りに面している、商店街の中に建っている細長い

ビルの9階です。ビル入口にレストランの看板がなければ通り過ごしてしまいそうな地味な

ビルです。一階からエレベーターに乗って9階に降り立ちますと、なんとなく薄暗い重厚な

エントランスですがダイニングルームに一歩、足を踏み入れると大きな窓からパノラミックな

リバーサイドの景色が目に飛び込んできます。そして真正面にはスカイツリーを含むアサヒビール

や墨田区役所の高層ビル群が聳え立っています。さらに足元には浅草水上バス乗り場が。

なんと贅沢な風景でしょうか。惜しむらくはガラスに網目が入っている事と窓際でないと

このパノラマ風景は堪能できないことです。さて料理は平日は1000円のパスタランチから

1500円と3500円のコース料理が選べます。(土日はコースのみ)

味は特別な絶品料理ではないですが、まあまあ美味しいです。店内も高級感があります。

また屋上テラスもあり隅田川花火大会の時は特別に開放するそうです。

しかし、その際はスペシャルディナーになり、なんと一人3万円の料金に!




6月に開催され私も参加させていただいた「アマギ隊員と行くウルトラセブンロケ地散歩」ですが、

またもや先週行われました。今回は場所が南房総です。南房総はウルトラセブン第30話「栄光は誰のために」

と第31話「悪魔の住む花」のロケ地です。「栄光は誰のために」では地球防衛軍の演習場として館山市の

サンドスキー場が使われました。「悪魔の住む花」では当時まだ無名の松坂慶子が白浜フラワーパークで

花に潜んでいた宇宙細菌ダリーを吸い込んでしまうシーンが撮影されました。

動画は前回のイベントから引き続き参加されているレプリカポインターが富浦インターからフラワーパークに

向かう道中とフラワーパーク駐車場周辺で走行する姿を捉えています。

 

↓はサンドスキー場

パイオニアブースに展示されていたディスカッションテーブル。

技術的には目新しいものではなく、いわばiPadの大型テーブル版ですね。

でもWiFiやトランスファージェットなど無線転送技術を使って他のデジタル機器とのリンクの

視覚効果を工夫しています。現在業務用で600万円で販売されているそうですが一般家庭にも

将来的には導入したいようです。

パイオニアブースの他のデモンストレーション↓

インテルブースにあった試着シミュレーター?。

試着洋鏡部分が液晶パネルのモニターです。そのモニター上にあるデジカメで

撮影したモデルの服の画像を色変換したりパターンを変えて試着シミュレーションができます。

動画の前半ではオートで連続試着シミュレーションをしています。後半では赤外線センサーを

利用して指先で操作し服の色や柄を自分で選んでいま­す。これも技術的は既成のものですが

液晶パネルを鏡のように使っているのがミソですね。

もう1週間も前の話題ですがバタバタしていて書けませんでした。

CEATEC JAPANを見てきました。久しぶりです。前回行ったのはもう5年ほど前・・・。

前回の会場で印象に残っていたのはブルーレイディスク連合と東芝のHD-DVDの戦いと(古!)

次世代テレビのSEDパネルテレビでしたが、5年間の年月が過ぎた今年にはあっさりとHD-DVDと

SEDテレビは消えていました。また5年前の入場方式は携帯のFericaを利用した最先端なハイテクな感じが

ありましたが今年はネットで申し込むと入場券が郵送で送られてきたり、とややアナログになっています。

今年の目玉は4Kディスプレイの商品化で各社4Kテレビ(ハイビジョンの4倍の解像度)を出品して

いました。中でも力を入れていたのが東芝REGZAです。HD-DVDとSEDテレビの雪辱を果たすべく

ライバルメーカーに負けじと高画質と超解像の画像処理を謳っていました。

一方、ソニーは超高画質の4Kプロジェクターを用意。しかしソニーのプロモーションで力を

入れていたのは「ネットワークエンターテインメント」個人で撮影した映像や動画の共有や公開する

為のデバイスやシステムの発表を行っていました。なんだかソニーは技術志向を止めアップルやグーグル、

フェイスブックを目指しているのか、と感じてしまいました。

 

復元と復興

東京駅の新しいドーム屋根がしばらく前から姿を現していましたが、いよいよ内部の一部が

報道陣に公開されました。震災の影響でやや遅れているようですが来年6月には完成するようです。

この屋根に使用されているスレート瓦は宮城県石巻の四倉製瓦工業所で作られたスレート。

東日本大震災の地震と津波にさらされ工場や周辺地域は壊滅してしまったが、このスレートは津波に

流されず、無事だった製品なのです。頑張れ、復元と復興!

http://yotsukura.exblog.jp/15835682/

http://yotsukura-kawara.com/ytm/y-manufacture-index.html

八重洲口も徐々に完成に向け工事が進んでいます。グランルーフの一部が組み立てられていました。

スカイツリーが見えるレストランシリーズ第二弾は以前にもここで紹介した「もちづき」

ラ・ラナリータのあるアサヒビールタワー21階にあります。前回、紹介したのは2年ほど前で

スカイツリーもまだ低かったので、窓から全貌が見えましたが、現在はもう見えません。

窓際席でも位置によっては見える席もあるのかもしれませんが私が今回座った位置では

ダメでした。内装の印象などは前回の記事をご参考になさってください。

今回、料理はひれかつ定食をいただきました。価格は1000円以上だったか、ちょっと失念。

衣がさくさくではなくザクザク、ザラザラしていました。食感はあまり良くないです。

肉もジューシーとは言えないですが、不味いと言うほどではなかったです。まあまあの並の味でしょうか。