Archive for 9月, 2009


最近、知り合いのブログで知ったのですが、あの「トシ・ヨロイヅカ」に新たな店舗が
誕生しました。恵比寿、東京ミッドタウンで長蛇の列になっているあのパティスリーです。
改めて説明する必要はないかもしれませんが女優・川島なお美と結婚した事でも
有名なパティシエ・鎧塚俊彦氏の超人気店です。
場所は意外なことに京王線・八幡山駅北口の住宅街の中なのです。
これも知らなかったのですが、昨年、トシ・ヨロイヅカの工場(アトリエ)が京王線・
八幡山駅のそばに完成していて、既に稼動しており今年9月11日にショップと
オープンカフェテリアが併設されたそうです。
早速、グルメ口コミサイトで情報を確認し訪れて参りました。
場所は八幡山駅北口からすぐの住宅街の中、マンションの一階にあります、というか
一階フロアを全部工場として借り切っているようですね。一階店舗部分にはウッドと
ステンレスの板がブロック状に貼り付けてあり、手前の歩道にはテーブルとチェアが
置かれオープンテラスのようになっていました。
 
 
ショップに入ると、イートインコーナーはなくショーケースとレジだけであまり広くはないです。
恵比寿店と同じ位か? この日は他の客はいなくて店内は空いていましたが、スタッフの
方の話によるとやはりオープン直後は大行列だったそうです。 しかし雑談をしているうちに
次々とお客が来店し、あっという間に5~6人並んでしまいました。
 
商品ラインナップは恵比寿や東京ミッドタウン店と同じですが(このアトリエから各店舗に
ベースを出荷して現地で仕上げているそうです)、アトリエ限定販売のスイーツも
数点あります。テラスで食べていこうか迷いましたが、ちょっと落ち着かない気がして
テイクアウトで自宅に持ち帰って食べました。(笑)
 
画像の無花果のタルト「タルト・フィグ」はこのアトリエ限定のスイーツです。出来立て
だからか、かなり美味しかったです。トロッとした無花果とサクサクのタルト。絶品ですね。
 
タルト フリュイセゾン 旬のフルーツのタルトです。これにも無花果が載っていますが
味付け、食感が異なります。
 
ピュイ・ダムール パイ生地の中にカスタードクリームが入っていますが、この生地は
最高です。カスタードクリームも素晴らしい!

名前は忘れましたが、シュークリームの一種。これも美味しかったです。

 
広告
8月11日に続き「東京スカイツリー建築工事」定点観測第3弾です。
現在、高さ153mです。
 
5月14日から9月16日までのデジカメ撮影画像を動画編集ソフト
アドビ・プレミアを使ってmpeg2の動画に変換、Youtubeにアップしました。
ご覧下さい。↓
 
 
以下は上の動画にも使用したデジカメのjpeg画像です。
最新画像は9月24日に撮影しました。↓
 
9月14日↓
 
9月7日↓
 
9月4日↓
 
9月1日↓

風都バス&劇用車

同じ話題が続き、しつこく感じられるかもしれませんがご容赦を。
前回の記事で取り上げた風都バスですが、日曜日の「仮面ライダーW」の
本放送を視聴しました。かなり重要な役で出演?しており二度びっくり。
今日、前を通ったら行き先表示板が変わっていて「嵐波埠頭」になっていました。
でもボディ横の風都バスロゴは変わらず。しかもフロントの損傷はそのままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

路線番号表示も「風都10」で前の「風都南駅」の「風都21」から継承しています。
「仮面ライダーW」にもう一度出演するのは確実ですね。(笑)
ところで「仮面ライダーW」を録画しておいたので、もう一度見返してみたのですが
行き先表示が「風都ターミナル」になっていたではありませんか。
すると、3回出演するということか・・・・?

先週は怪人が経営する「ミリオンコロッセオ」と呼ばれる闇のカジノへの闇バスという
設定でした。次回はどんな使われ方なのでしょうか。楽しみです。(笑)
今回、車内もよくチェックしてみましたが内部の路線図表示板もリアルにつくられており
スタッフのこだわりを感じます。

車内運転席横に車体形式プレートが貼ってありました。
それによると三菱自動車製P-MP218Mという車体でした。
ところで・・・
ナカガワプロスパーさんの前を通ったら劇用車の救急車とパトカーが止まっていました。
これも仮面ライダーWに出演かしら?
ところで、3年ほど前にDVカメラで撮ったビデオを何の気なしに再生していたら
たまたま、このバスが写っていました。動画をキャプチャーして確認してみましたら
塗装はそのままでバス会社の社名ロゴが「東京中央交通」と大きく書かれていました。
何の番組に出演したかはまったく不明です。

仮面ライダーWのバス

数年?前から家の近所の駐車場に怪しげなバスが停めてありました。
路線バスなのですが、バス会社名も行き先表示もないのです。
ある時、「みなとみらい交通」だったか、そのような名前が書かれて
いた事もありました。時たま出かけていなくなっている事もありましたが
ほとんど、その駐車場で惰眠を貪っておりました。
ところが数ヶ月ほど前にフロント部分が大きく損傷していたのです。
一瞬、「事故か?」と思いましたが、よく車体を見てみると「事故ではありません!
撮影で故意にぶつけたものです」とマジックで書かれているではありませんか。
やはり劇用車か、と思いました。実は家から歩いて少々の所にナカガワプロスパー
という劇用車の製作や調達をする会社があるのです。↓
(ひょんな事でここの社長の中川さんと知り合いになったのですが、なんと
奇遇なのでしょうか。)以前、パトカー(ダミー)なども保管されていましたので
このバスもその関係かな、と推測していたのです。
でも、この時も行き先表示板には何も書かれていませんでした。
(車体側面は見ていなかった)

と・こ・ろ・が、先週日曜日に放送された「仮面ライダーW」を見ていたら、次週予告編に
一瞬ですが、これと同じバスが登場してきまして、驚愕しました。「これか!」慌てて、家を
飛び出し、バスを再確認するために駐車場を目指しました。駆けつけて見上げてみると
行き先表示板には「風都南駅」と表示されております。車体側面もチェックすると大きく

「風都バス」と書かれています。これで、このバスは「仮面ライダーW」に登場するバスと
確定いたしました。なぜなら風都とは「仮面ライダーW」の舞台となる架空の街の名前
なのですから。
でもなぜ今になって表示板を付けたのでしょう?謎です。
気になる方は明日(日曜 朝8:00~8:30)テレビ朝日で放送の「仮面ライダーW」を
ご覧下さい。(笑)
シェ草間の次に訪れた軽井沢フレンチは「ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」です。
日本で最も有名なフレンチのシェフの1人である三国清三氏がオーナーの店。
住所は軽井沢町ですが最寄り駅は二つ隣の「御代田駅」に近い追分です。
分譲型別荘「追分倶楽部」の中にこの「ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」はあります。
 
 
 
この「ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」でまず特筆すべきはその建物です。
この建物は実は、東京・世田谷等々力に2年前まで建っていた住宅でした。
團伊能(美術史家・実業家・参議院議員、音楽家 團伊玖磨の父)が建築主で
昭和16年に建てられ、設計したのは、20世紀の建築界最大の巨匠ル・コルビジェ
に師事し、戦後日本の建築界を牽引する役目を果たした坂倉準三氏です。
その後、團氏の東京大学での教え子である今泉篤男(美術評論家)に譲られ、
以後長年に渡り今泉家が住まわれていたそうですが、事情により手放す事に
なり解体せざるを得なくなってしまったとの事。保存運動や署名などが文化人や
NPOによって行われ世田谷区に交渉を続けていたのですが、「追分倶楽部」の
総合プロデュースを手がけていた建築家・坂倉竹之助氏(坂倉準三の子息)の
相談を受け三国清三氏がレストランとしてリノベーションする事になり、ここ追分に
移築されたのでした。
 
実はまったく店の予備知識は持たずに訪れたのですが、副支配人の方とお話を
させていただき初めて知った次第です。帰宅後公式サイトを調べて改めて確認
しました。
 
ダイニングルームは広い庭園に面しており美しい景色を眺めながら食事ができます。
店はどちらかといえば小規模で席数も少ないです。
 
庭園から見た建物。
 
 料理はランチコースをいただきました。
まず先付けが2種類出ます。最初に供されたのはチーズをスライスして揚げたもの。
 
 
ガスパッチョのジュレ
 
 このレストランの料理のコンセプトは「地産地消」
さいきんエコロジーの観点から気運が高まる食文化スタイルです。
「地域で生産されたものをその地域で消費する」ことですが、このミクニでも長野県内の
農園で生産された季節の野菜を旬の時期に調理しているそうです。
ここから前菜 「帆立貝のポワレ/コライユ入りカニのサラダ 軽井沢野菜のテリーヌ/
ソースベトラーブ」
 
メインディッシュ「フランス産鵜のロティ/オニオンのファルシ 夏野菜のロティ/
胡桃とコーヒーのカフェオレ風」
 
こちらは魚料理。「メカジキパン粉グリエ」です。
 デザート 「とうもろこしのスフレとグラスキャラメルショコラのソース」
 
デザート「フランボワーズの二層ババロア/ハチミツのチュイル 抹茶とフランボワーズの
ソース」
 
コーヒーに付いてきた小菓子です。
 
ここの料理も美味しかったですが、個人的には「シェ草間」の方が好みでした。
鶉のロティが食感、味付けがいまいちな感じだったのです。
魚料理の「メカジキ」は良かったですが「地産地消」には反していますね。(笑)
 
デジブックでもご覧いただけます。ただし期限限定公開です。

シェ草間

さて、次に軽井沢で味わったフレンチの紹介です。
今回の旅行中、2軒、ランチで利用しました。
まず、一軒目が旧軽井沢銀座へ抜ける離山通り沿いにある「シェ草間」。
昨年、開業した新しいレストランです。にぎやかな旧軽銀座からは少し離れて
いるのでレストラン周辺は穏やかで静かな自然環境の中。建物は洋風の別荘のような
デザインで周囲の景観に調和しています。インテリアも落ち着いていて温かみのある
内装デザイン。
 
 
まず、前菜 「エスカルゴ、ホタテ貝、茸のフリカッセ ブルゴーニュ風」
 名前の通り、色々な食材が使われていますがオリーブオイルとバジルの
ソースで仕立てられ、深みのある味わい。前菜から味も見た目も凝った料理です。
 
 
メインディッシュ「本日入荷の鮮魚を本日のスタイルで」
アコウダイのソテーでした。柔らかくて繊細な味わい。
 
デザートは「桃のコンポート」季節の桃をワインで煮たスイーツです。
口の中で溶けるような食感。自然の甘さでさっぱりとした爽やかなデザートでした。
 
どれも、じっくりと手をかけていて素材も厳選した良いものだったと思います。
ランチといえど本格フレンチで、しっかりした料理でした。お薦めのレストランです。
サービスを担当されたのは年配のソムリエの方でした。
穏やかで温かみのある方で接客も良かったと思います。
 
食事が終わって店を出ようとしていた時、外の通りが慌しい状況になっているのに
気が付きました。交通整理の警官が立ち、パトカーが右から左から数台、店の前を
通過していきます。私たちの隣の席にいた余所の家族が先に店を出ていてレストランの
駐車場出入り口で横に並び何かを待ち構えている様子でした。ソムリエの方に
「何かあるのでしょうか?」と尋ねたら「天皇皇后両陛下が、軽井沢に来られていて
今日、この道を通られるようです」との返答が。入り口前で並んでいる家族達も
どうやら陛下の通過の情報をレストランのスタッフから聞いて待っているようでした。
間もなく黒塗りのセンチュリーが中軽井沢方面から現れ、店の前でスピードを落とし、
待ち構えている家族たちの前で停車。車の窓際にいらした皇后陛下が笑顔で会釈して
すぐに軽井沢駅方面へ去っていかれました。一瞬の出来事で白昼夢かと思うような
体験でした。もう少し食事を早めに終えていれば目の前で両陛下にお会いでき、
ご挨拶ができたかもしれない。いや、しかし遠くからお目にかかれただけでも
幸運だったかもしれません。このレストランのほとんどのお客はとっくに帰って
しまっていたからです。でも一瞬の出来事だったので撮影も出来ませんでした。
今回の旅行でそれが一番の心残りです。(笑)
 

ハルニレテラス

ハルニレテラスではもう一軒、「丸山珈琲」に入りました。
ここも軽井沢に本店がある有名な喫茶店です。
 
こだわりの店長が一級品の豆を仕入れてコーヒープレスで
淹れてくれます。同じ豆を使用し同様の抽出をする店が東京・下北沢にもあり
2年ほど前にも記事にしました。喫茶 ミケネコ舎です。↓
 
この「丸山珈琲 ハルニレテラス店」はBOOKS&CAFEでティールームに書棚があり
中から好きな本を取り出して読みながらコーヒーをいただく事ができます。
 
 
今回はコーヒーではなくカプチーノをいただきました。
味は良いのですが、ちょっと温かったです・・・。
ケーキも頼みました。キャラメルサレ(塩キャラメルのケーキ)です。
これは結構、美味しかったです。微妙な塩加減が効いていて食感も
ふんわり、滑らか。美味しいケーキでした。
 
 

軽井沢

先週の日曜日(8月23日)長野県佐久に向かって出発。
道路は関越自動車道を練馬から入り藤岡付近で上信越自動車道に分岐、
碓氷軽井沢ICの一つ先の佐久ICで降りました。
途中、関越自動車道の上里SAで休憩。上里に立ち寄るのは数年ぶりでした。
が、ここでなんとスターバックスを発見。サービスエリアにスタバがあるとは。
恥ずかしながら初めて知りました。ドライブスルーのスタバは知っていましたが↓
サービスエリアにもスタバがあったのですね。
暑かったので「マンゴーパッションティーフラペチーノ」を注文。美味かったです。
普段、スタバには入る気にはなれませんが、ダサいSAではスタバがやけに
お洒落でモダンな高級店に見えてしまいます。(笑)
 
 
 
 
さて、佐久に到着して翌日、中軽井沢在住の知人宅を訪問、途中で中軽井沢の
ホテル・ブレストンコートのラウンジでお土産にケーキを購入して伺いました。
 
 
 
1年ぶりの知人宅でおしゃべりを楽しみましたが、耳寄りの観光情報も入手しました。
それは7月に中軽井沢・星野温泉にオープンした「エコモダン温泉街・ハルニレテラス」
モダンな蕎麦屋やイタリアン、カフェやベーカリーなど14店舗がオープンしたそうです。
早速、知人宅からの帰路に立ち寄る事にしました。
訪れたハルニレテラスは敷地全体がウッドデッキで覆われ建物もウッディな平屋。
エコモダン温泉街に相応しいスタイリッシュながらもナチュラルなデザインでした。
 
 
 
 
お腹が空いてきたので、とりあえず蕎麦屋の「川上庵」の暖簾をくぐりました。
この川上庵は旧軽井沢銀座のロータリーにモダンな本店がある有名な店です。
この店もモダンですが和のテイストでまとめられシックで上質な雰囲気です。
リゾート感覚の雰囲気は上手く醸し出していると思います。
 
 
いただいたのは「鴨南そば」
しかし、味は平凡で不味くはないが、鴨肉はイマイチ、蕎麦もコシがなく、これで
1890円は暴利ではないでしょうか。雰囲気は良いので場所代かな。
 
 
続きはまた後日。