Archive for 6月, 2014


6月13日~15日、横浜みなとみらいの赤レンガ倉庫で開催されたメルセデス・ベンツエクスペリエンス。

最新型のメルセデス・ベンツフルラインナップや世界最初の自動車、ベンツ・パテントモトールヴァーゲン、

東日本大震災支援で活躍したウニモグやGクラスなどが展示されていました。

また日本で5台しか販売されないという価格8000万円の6輪のGクラス、G 63 AMG 6×6も展示されていました。

試乗車も用意してあり14車種という多さ。いや車種によっては排気量の異なるモデルや2ドアも用意してあったので

台数は15台以上はあったと思います。試乗を希望し試乗コーナーへそそくさと向かいます。

係員に問い合わせると返事があり、試乗は午後4時と4時30分からで先着順でした。希望車種の試乗チケットを

受付でもらうのですが配布時間の30分前から並ぶことができます。この日は真夏のように暑かったので、

赤レンガ倉庫の中のカフェで涼みながら配布開始の20分前に受付へ。するとなんと既に20人近く並んでいました。

ただし、これは試乗会2回分の人数なので、実質的には半分くらいに人数が分かれ、そして家族で並んでいる人もおり

(1台に複数人乗車する)多分、一回につき5~6人ではないかと予測しました。しかし受付で高級車から先に指名が

入り、あっという間にCLS550、350は受付終了に!そして新型Sクラスも受付終了!残る高級車はGクラスや

MLクラス、そしてEクラスなど・・・。仕方ないのでE350ブルーテックアヴァンギャルドに試乗することに。

現行EクラスW212はマイナーチェンジ前の初期型には何回も試乗していたので今回の後期型と比較するのも

興味がありました。大きく変わったのはフロントマスクですが、実はエンジンも全くの新型に交換されて

います。そしてアイドリングストップやステレオカメラ+レーダーセーフティによる自動停止ブレーキや

自動車間距離調整のディストロニック+などが追加装備されています。最新のディーゼルも試してみたかった

のでEクラスならこれだろうと決めました。そして試乗前に契約書に氏名、住所、電話番号を記入、係員から

簡単な講義を受け、いよいよ試乗です。赤レンガ倉庫を出発し20分ほどのドライブになります。

短いですが動画を撮りましたのでご参考までに。

エンジンをスタートさせると静かにブンッと軽やかな音で一瞬で目覚めます。アイドリングもかなり

静かでディーゼルとは思えません。以前W211のE320ターボディーゼルに試乗したことがありますが

これよりも遥かに静かになっていてW212の初期型ガソリン仕様より静かなのでは、と思いました。

車をスタートさせ駐車場から一般道へ出る直前、前を横切る歩行者を待つために一時停止しましたが

その一瞬でアイドリングストップします。元々、静かなのでアイドリングストップしても違和感なし。

そして発進しようとしてブレーキペダルから足を上げると瞬時にエンジンがかかります。これも

フッという感じでエンジンが再始動しアクセルペダルに踏み替えるとグウ~というスムーズかつ

パワフルな加速を行います。まったくもたつきはありません。

動画では前方の同じ試乗車のS400を追尾しています。交差点などを曲がると前方のS400が加速して

いきますが、自動車間距離調整のディストロニック+をスイッチオンするとアクセルも踏まないのに

勝手に加速して追跡を始めます。そして一定の車間距離を保つため自動で加速や減速が行われ、

信号で前の車が止まると自動でスピードを落とし接近してくると更に減速、最終的には完全停止します。

動画ではプリウスが割り込んできますが、これも感知してブレーキを自動でかけています。

素晴らしい技術ですね。しかもマイナーチェンジなのに乗り心地や静粛性もアップしていて驚きでした。

タイヤはピレリPゼロ245/40 18インチというスポーツタイヤ、乗り心地や静粛性は褒められた物では

ありません。事実、私のE350は以前ピレリ・チンチュラートP7 245/45 17インチというピレリのコンフォート系

タイヤを履いていましたが、これでも満足がいくものではなかったからです。現在はミシュラン・プライマシー3に

替えてやや満足だったのですが、これより偏平率の低いスポーツタイヤでさらに上の快適性を実現しているとは。

さすがメルセデスです。

 

mercedes1_ mercedes2_ mercedesex1_ mercedesex2_ mercedesex3_ mercedesex4_ mercedesex5_ mercedesex6_ mercedesex7_ mercedesex8_

広告

今回、いつもと同じく動画も撮りましたが、あまり多くは撮っていません。

まずはバンダイブースのスターウォーズ。

タカラトミーのお寿司戦隊シャリダー

JR東日本企画のProject E5

KYOSYOブース ブリーフ・リーというブルース・リーのそっくり芸人さんが説明をしていました。

タカラトミーブースではハローミップと自動走行チョロQ Q―eyesがトミーらしさがあふれた製品でした。

さすが技術のトミーと言える商品です。ハローミップはついにセグウェイが玩具になったかという

感がありますね。しかしオムニボットシリーズというネーミングを復活させてくるとは懐かしい。

一方、昨年のおもちゃショーで発表されたお寿司戦隊シャリダーが今頃、商品発売が決定ということで

展示されていました。この程度の商品を1年間の開発期間をかけるとは理解できません。

デザインを変更したとはいえ開発に手間取るような機構や動作があるようには見えないからです。

またこのネーミングも新鮮味ゼロですね。(笑)

セガトイズは心配になるほど寂しいブースでした。どうしたんでしょうか・・。

JR東日本がE5系新幹線の変形ロボを展示していました。デザインと言い変形システムといい

かなり力を入れた本格的な物ですが、これで何を狙っているのでしょうか・・・。

toyshow25_

toyshow26_

toyshow27_

toyshow28_

toyshow29

toyshow29_

toyshow30_

toyshow31__01

toyshow32_

toyshow33_

toyshow34_

toyshow35_

toyshow36_

toyshow37_

toyshow38_

toyshow39_

toyshow40_

toyshow41_

toyshow42_

toyshow43_

toyshow44_

toyshow45_

toyshow46_

toyshow47_

toyshow48_

toyshow49_

toyshow50_

toyshow51_

toyshow52_

toyshow53_

toyshow54_

toyshow55_

toyshow56_

toyshow57_

もう先週の話ですが、東京おもちゃショー2014に行ってきました。

今年は初日が天気が悪かったので集客に影響があるかもと思いましたが、それほどでもなく

入場者はけっこういました。昨年より出展企業も多かったらしいです。

初日の入場者数は昨年より増えているのは広報資料を見ても確認できます。

しかし翌日、金曜日は天候が回復したのに、入場者は減っていますね。なぜでしょうか?

広報資料によると初日二日間のバイヤーズデイの入場者数は1万8979人で

昨年の1万8738人より微増です。会期4日間の一般入場者数も含めた合計入場者数では

16万0,154人で昨年の合計入場者数15万9,311人よりわずかに増えました。

2013年          2014年
(木) 9,626        9,943
(金) 9,112                9,036
(土) 67,280            69,657
(日) 73,293            71,518

日曜日は若干落ちていますがワールドカップの日本対コートジボアール戦があったのが響いたのでしょうか。

繁華街は人が消えた、と言われているほどなので、それを考慮すると好成績だったのかも。

また写真を撮ってきましたが大量に撮ったので何回かに分けてアップします。まずはバンダイから。

ハリウッド版ゴジラの玩具がついに解禁。ライバル怪獣ムートーの存在が明らかにされていました。

スターウォーズの版権も獲得し様々な商品が展示されていました。

toyshow1__01

toyshow2__02

toyshow3_

toyshow4_

toyshow5_

toyshow6_

toyshow7_

toyshow8_

toyshow9_

 toyshow8__01

toyshow9__01

toyshow10_

toyshow11_

toyshow12__01

toyshow13_

toyshow14_

toyshow15_

toyshow16_

toyshow17_

toyshow18_

toyshow19_

toyshow20_

toyshow21_

toyshow22_

toyshow23

toyshow23_

もう1週間前の話ですが5月31日国立競技場ファイナルイベントが開催されました。

ニュースなどでも報じられましたが新国立競技場建設のため既存の解体が7月から開始されるので、

いよいよ業務終了となるのです。

この日、サッカーやラグビーの特別試合やセレモニーが行われブルーインパルスの展示飛行もありました。

1964年の東京オリンピックの開会式の時、国立競技場上空でブルーインパルスがスモークで5輪を

描きましたが競技場の終幕を再び同チームの展示飛行で飾ろうという趣旨なのです。

私の住む世田谷でも当時見ることができました。開会式の日、外に出たら都心方面の上空に

5輪マークが浮かび上がっていたのがおぼろげに記憶にあります・・・。

今回、あいにく親戚の告別式が武蔵村山であったのですが午後5時30分に開始されるというブルーインパルスの

飛行には間に会いそうだったので、とりあえず帰宅せず喪服のまま駆けつけました。(笑)

競技場に到着したのは午後5時過ぎ、周辺はすでに大混雑。ほとんどの人がデジカメやスマホをかまえて

待機中。そして5時30分過ぎにブルーインパルスが飛来しました。周囲にどよめく歓声とシャッター音。

しかし競技場周辺は建物と背後の樹木によって視界はあまり得られず。ビデオ撮影しましたが

短時間の追尾しかできませんでした。ここでなら静止画の写真撮影の方が良かったかと思います。

ビデオ撮影なら絵画館前の方が周囲を遮る建物がないので良かったかと。

blueinpals

国立競技場の最後の聖火
kokuritsu1__01

ゴジラの巨大壁画を制作中の東宝スタジオへ1週間後、再訪してみました。

もう完成しているかと期待していったのですが、まだ作業中でした。

暑い中、御苦労様ですね~。今回動画を撮ってみました。あまり動きは無いので面白くはないですが。(笑)