Archive for 5月, 2010


久しぶりの東京スカイツリーの定点観測の記事です。
5月に入ってからいよいよ展望台の工事に入りました。(もう5月末ですが・・・)
現在の高さは389m。展望台は350mから380mの間に設置されるそうです。
展望台の形が整い始めるといよいよタワーらしくなってきますね。
 
 
 
 
 
 
 
↓はダブルスカイツリーです。
業平橋駅のそばにある東京スカイツリーインフォーメーションプラザ内の
ミニチュアスカイツリーと実物スカイツリーを重ねて撮影。
 
多忙なのとパソコンがウィルスにやられていたせいでご無沙汰しておりました。
パソコンは初期化しましたがデータはバックアップを取ってあったので被害は
なかったです。しかしOSやアプリケーションソフトの再インストールやメールなどの
設定で手間取りました。
 
話はかわって、実は少し前に丸の内オアゾのJAXAiに見学へ行ってきました。
JAXAiとはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の情報発信センターで,最近、すっかり
事業仕分けで有名になってしまいました。廃止に追い込まれることになり、話題の渦中に
ある、あのインフォメーションセンターです。
↓の画像は2004年オープン当初の撮影
 
JAXAは2003年に「宇宙科学研究所」(ISAS)「航空宇宙技術研究所」(NAL)
「宇宙開発事業団」(NASDA)の3機関が統合して発足した組織でロケットの打ち上げや
人工衛星の開発を行っていますが、JAXAiはその広報活動を担っていました。
事業仕分けで廃止の決定がなされたのですが、所内は今までになく混んでいました。
オープン当初から今までに何回も訪れましたが普段はがらがらでお客も数人しか
いないのに、この日は30人近くはいたと思います。
やはり事業仕分けでメディアに取り上げられ注目度、認知度が高まったせいでしょうか。
GWは例年の4倍の入場者数だったという話も頷けました。
 
 
 
 
しかし、確かに存在意義が不明なのですが事業仕分けでやり玉に挙げられている
他の無駄な事業に比較すれば、無駄遣いの額も規模も可愛い物かと。
宇宙開発や科学技術が好きなので個人的には残しておいても良いのでは、と
思いましたけど・・・。家賃の高い丸の内にあるのは疑問ですね。
もっと安くても広いスペースに移転して展示物を充実させれば良いのでは。
 

ガンダムカフェ

マスコミにもかなり取り上げられ、すっかり秋葉原の新名所になったガンダムカフェに

行ってきました。場所は新しい秋葉原を象徴する秋葉原クロスフィールド、UDXのすぐ近く。

初日は2時間待ちとか報道されていましたが、私が訪れたGW初日でも最長で2時間の

ようでした。私は運良く?1時間20分ほどで入店できてしまいましたが。(笑)


ファサードは原寸大のガンダムの頭部アンテナとGUNDAM Cafeのロゴが目立ちますが、

それ以外はややモダンなカフェというイメージのデザインでオタク臭はないですね。

行列している客層を見てもコテコテのオタクは見当たらず、一般人的な雰囲気の人が

多かった気がします。ミーハーで薄目のガンダムファンが多いのでしょうか。

秋葉原クロスフィールドを出店エリアに選んだ時点でこのデザインコンセプトや

マーケティングは正しかったと思います。お台場の原寸ガンダムの見物客も普通のファミリーや

カップルが圧倒的に多かったですから。

ガンダムも今や一部のマニアやオタクだけの崇拝物ではなく国民的なキャラクターに

なったということでしょう。(40歳以下の男子にとっては小学生時代から一般常識か

義務教育?)

店内もオタク臭やガンダム臭は薄く、ガンダムフィギュアやプラモデルが並んでいるのを

除けばスタイリッシュな空間です。このガンダムカフェはもちろんバンダイ新規事業室が

企画、運営し、ガンダムシリーズを制作するアニメ製作会社のサンライズが公認する店ですが、

本家本元が経営するカフェだけにあまりにも濃いオタク臭は排除されていて

一般人が安心して入れる店に仕上がっていると思います。その意味では秋葉チックな

マニア的オタク的な雰囲気はないですね。

以前、知人に連れて行ってもらった秋葉原の「BAR連邦軍」は非公認の怪しい店

でしたが、秋葉臭さでは、こちらの方が上だったかもしれません。↓

連邦軍のコスプレした若い女性がホールスタッフをしていて客とガンダムの会話を

楽しんだりして、メイドカフェのガンダムバージョンのような店でした。

とてもファミリーやカップルなどは恐ろしくて入店できない雰囲気だったと思います。

濃いマニアや秋葉の常連にはこちらの方が楽しかったのではないかと推測するの

ですが実際に意見を聞いたわけではないので正確なところは分かりません。

さてガンダムカフェではランチをいただいてまいりましたが、ランチには

4種類あり、「シャア・アズナブルのパイロットランチ」他に「アムロ・レイ」や「カイ・シデン」

「ハヤト・コバヤシ」のセットがあります。

今回私は「シャア・アズナブルのパイロットランチ」(890円)を注文。

トマトソースのたっぷりかかった赤いハンバーグランチセットで、サラダとガーリックトーストが一本付いていました。

一緒に行った連れは「アムロ・レイ」を注文。こちらには白いクリームシチューがかかっていました。

また、200円追加でガーリックトーストを“3倍”にできます。ハロが描かれたハロラテも頼みました。

実は入店して席に案内されてから、料理を注文するためカウンターに並ばなくてはなりません。

(マックやスタバのように)

ここでもまた20分ほど並びました。飲み物はすぐに持って席に戻れますが料理が出てくるのが

さらに10分後。結局、入店してから食事が出てくるまでに30分ほどかかりました。味はまあ普通ですが、

ニンジンをカットしてザクのツノやジオン軍のマー久をハンバーグの

上に再現しており(アムロ他は連邦軍マーク)、お子様ランチ的な楽しさはあります。

まさにファミレスレの味です。

ここはガンダムの雰囲気を楽しみに行く店ですので料理に期待してはいけないのでしょう。

ディズニーリゾートやUSJなどのテーマパークのレストランもあまり褒められたものではない

ですが、それを思えばテーマパークとしては良い方かもしれません。