Archive for 12月, 2013


いよいよトヨタの紹介です。地味で平凡な展示が多い今回の東京ショーの中で

日本最大、いや世界最大の自動車メーカーの意地と誇りをかけて存在感を示しました。

先に投稿した動画を見ていただければ分かりますが、コンセプトカーのプレゼンテーションが

大仕掛けでバックの巨大スクリーンンと動きを連動させているのが凄いです。またTVCMの

トヨタウンを再現、登場人物の俳優のそっくり人形を配置してあるのも人気でした。

トヨタもコンセプトカーは5台ありますが、そのうちの1台はFT86オープンコンセプト。

要するにコンバーチブルで、量産化は未定ですが、かなり現実味を帯びた車です。

アメリカでは人気が出そうですね。JPN TAXIコンセプトの真面目な提案もいいですね。

tmtoyota1 tmtoyota2 tmtoyota3 tmtoyota4 tmtoyota5 tmtoyota6 tmtoyota7 tmtoyota8 tmtoyota9 tmtoyota10 tmtoyota11 tmtoyota12 tmtoyota13 tmtoyota14 tmtoyota15 tmtoyota16 tmtoyota17 tmtoyota18 tmtoyota19 tmtoyota20 tmtoyota21 tmtoyota22 tmtoyota23 tmtoyota24 tmtoyota25

正確な展示面積は把握しておりませんが、トヨタ、日産、ホンダの三大メーカーのブースに

次ぐ規模、広さのブースはスズキでした。コンセプトカー展示は5台もあり(バイクも2台)

コンパニオンも多かったと思います。(笑)展示車が載った回転ターンテーブルがステージ中央に

移動してプレゼンテーションするのは仕掛けが大きく感心しました。トヨタを見るまでは・・。(笑)

tmsuzuki5 tmsuzuki9 tmsuzuki10 tmsuzuki11
tmsuzuki7tmsuzuki4tmsuzuki6 tmsuzuki8tmsuzuki3
tmsuzuki2 tmsuzuki12   tmsuzuki13tmsuzuki1

日産ブースに展示されていたコンセプトカーは斬新なEVのブレイドグライダーと

レトロなIDxFREEFLOW、IDxNISMOの3台。ブレイドグライダーは上から見ると

三角形形状をしており4輪ではあるものの3輪車に近いボディデザインとなっています。

2012年ル・マン24時間レースに参戦したデルタウィングのようなシルエットです。

余談ですがデルタウィングはデルタウィング・レーシングカーズが権利を持っているため日産は

名前と構造が使えないそうです。ですのでブレイドグライダーはコンセプトが似ているため、

このままでは市販が難しいのだとか。

IDxはレトロデザインですが以前、日産が手掛けたレトロなコンセプトカー(市販車も)

とは方向性が異なり、ブルーバード510や初代ローレル、初代シルビアのようなフロントマスクです。

中高年の男性には受けそうなデザインですね。(笑)

tmnissan_001 tmnissan_002 tmnissan_009
tmnissan_011 tmnissan_018
tmnissan_003 tmnissan_004 tmnissan_005 tmnissan_006 tmnissan_007 tmnissan_015
tmnissan_014 tmnissan_016 tmnissan_022

次、ホンダいきます。ホンダはS660とNSXコンセプトが大人気でした。

tmhonda1 tmhonda2 tmhonda3 tmhonda4 tmhonda5 tmhonda6 tmhonda7 tmhonda8 tmhonda9 tmhonda10 tmhondaF1_1 tmhondaF1_2 tmhondaF1_3 tmhondaF1_4

例のごとく、東京モーターショーの画像も撮影してきました。

前回はキヤノンEOS5DmarkIIが故障していたので急遽、コンデジのソニー・サイバーショットHX9Vで

泣く泣く撮影しましたが、今回はNIKON D800Eでの撮影です。

レンズはAF‐S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDです。解像度は素晴らしく、しかし背景はふわっと

ボケてピントが合っている部分はシャープに描写し被写体を浮き上がらせる効果は抜群ですね。

また車体の塗装面のグラデーションのまろやかな美しさなど表現力も抜群だと思います。

まずは三菱から。

tmmitsubishi1 tmmitsubishi2 tmmitsubishi3 tmmitsubishi4 tmmitsubishi5

すでに先週の話題となっていますが、2013年の東京モーターショーが閉幕しました。

今年の入場者数は9日間で90万2,800人と成功裏に終わったようです。

前回の2011年は10日間で84万2,600人だったので7%の増加でした。

アベノミクスの効果か、前回は東日本大震災の影響もあり開催自体が危ぶまれていたので

今回が入場者増になったのは当然かもしれません。

ちなみにリーマンショック直後の開催となった2009年の幕張メッセでの開催は

13日間の会期にも関わらず61万4400人で2007年の142万5800人から急減しています。

世の中が恐慌寸前の恐怖を味わった状況下で輸入車メーカーがほとんど出展をキャンセルし

展示面積が半分になったのが大きな原因でしょう。私も最終日の前日の祝日に訪れましたが

入場者数はなんと6万3000人でかなり空きが目立ちました。

今回の2013年では土日は11万人ほどだったそうでかなり回復したと言えるでしょう。

参考までに過去のデータを挙げますと・・・。

1999年    138万6,400人  会期13日間   平均10万6646人

2001年 127万6,900人  会期12日間 平均10万6408人

2003年 142万400人 会期13日間 平均10万9261人

2005年 151万2,100人  会期17日間 平均8万8947人

2007年 142万5800人  会期17日間 平均8万3870人

2009年   61万4400人  会期13日間 平均4万7261人

2011年   84万2600人  会期10日間  平均8万260人

2013年  90万2880人   会期 9日間 平均10万288人

1日平均ではリーマンショック前どころか10年前の数値10万人に回復しています。

ちなみに過去最大の入場者数を誇ったのは・・・。

1991年 201万8,500人 会期15日間 平均134566人でした。バブル景気の余韻が

まだ残っていた時期だったからでしょうね。

前置きが長くなりましたが、今年のモーターショー、全体的に質素でコストをかけていない

メーカーが多いですがアベノミクスの効果?が現れたメーカーもあり、トヨタなど

ブースの展示方法や設備、そして出演者に予算を投入していて圧倒させられますね。

ビデオを撮影してきましたのでご覧ください。