Category: 趣味


今回、いつもと同じく動画も撮りましたが、あまり多くは撮っていません。

まずはバンダイブースのスターウォーズ。

タカラトミーのお寿司戦隊シャリダー

JR東日本企画のProject E5

KYOSYOブース ブリーフ・リーというブルース・リーのそっくり芸人さんが説明をしていました。

もう先週の話ですが、東京おもちゃショー2014に行ってきました。

今年は初日が天気が悪かったので集客に影響があるかもと思いましたが、それほどでもなく

入場者はけっこういました。昨年より出展企業も多かったらしいです。

初日の入場者数は昨年より増えているのは広報資料を見ても確認できます。

しかし翌日、金曜日は天候が回復したのに、入場者は減っていますね。なぜでしょうか?

広報資料によると初日二日間のバイヤーズデイの入場者数は1万8979人で

昨年の1万8738人より微増です。会期4日間の一般入場者数も含めた合計入場者数では

16万0,154人で昨年の合計入場者数15万9,311人よりわずかに増えました。

2013年          2014年
(木) 9,626        9,943
(金) 9,112                9,036
(土) 67,280            69,657
(日) 73,293            71,518

日曜日は若干落ちていますがワールドカップの日本対コートジボアール戦があったのが響いたのでしょうか。

繁華街は人が消えた、と言われているほどなので、それを考慮すると好成績だったのかも。

また写真を撮ってきましたが大量に撮ったので何回かに分けてアップします。まずはバンダイから。

ハリウッド版ゴジラの玩具がついに解禁。ライバル怪獣ムートーの存在が明らかにされていました。

スターウォーズの版権も獲得し様々な商品が展示されていました。

toyshow1__01

toyshow2__02

toyshow3_

toyshow4_

toyshow5_

toyshow6_

toyshow7_

toyshow8_

toyshow9_

 toyshow8__01

toyshow9__01

toyshow10_

toyshow11_

toyshow12__01

toyshow13_

toyshow14_

toyshow15_

toyshow16_

toyshow17_

toyshow18_

toyshow19_

toyshow20_

toyshow21_

toyshow22_

toyshow23

toyshow23_

我が家で行方不明になっていた8mmフィルムが自宅物入れの紙袋の中からひょっこり見つかりました。

このフィルムは1973年に入間飛行場で開催された国際航空宇宙ショーを撮影したものです。

私が撮影した8mmフィルムは物入れの収納ケースの中にまとめて保管していたのですが、なぜか

この1本だけ、その中になく行方不明になっていたのです。発見できてほっとしました。

このフィルムの中にはF86Fセイバーのブルーインパルスや旧日本陸軍の四式戦闘機 疾風の飛行

シーンが収められており、かなり貴重かと思います。googleやyoutubeで検索しても見当たりません。

(戦時中の記録映像はありましたが・・・)

映写機も壊れており再生不可能なのでデジタル化してyoutubeにアップしてしまいました。

しかし41年前の映像なのに予想外に退色しておらず驚きました。興味のある方はご覧ください。

さて東映ヒーローワールドですが訪れたのが夕飯時だったせいかガラガラに空いていました。

子供の姿はまったく見当たらず、いるのは若い男性客がちらほらと。

マニアかファンの方かな。むこうも私を見てどう思っているのか・・・。(笑)

しかし、この不入りの原因は時間帯だけではなく入場料の高さにあるのかもしれません。

入場料は大人1400円、子供が1000円です。親子4人で来たら4800円。

観光客は別にしてイオンモールに買い物に来るファミリー層にはハードルが高いかも・・・。

toeihero1
toeihero2
toeihero3 toeihero4 toeihero5 toeihero6 toeihero7 toeihero8 toeihero9

昨年12月21日に銀座7丁目にオープンしたCHEEPA’S CAFE。

バンダイ常務取締役、株式会社バンプレスト初代代表取締役、バンダイ会長を歴任した

杉浦幸昌氏がオーナーで私財と個人コレクションを投じて作ったカフェです。

バンダイの子会社ポピー在籍時代に企画開発を行った『仮面ライダー変身ベルト』を大ヒットさせ

その後も『超合金』など、今でも続くシリーズを企画した方なので店内にはTVアニメ・

特撮キャラクター玩具がいっぱい。バンダイの創業当時の商品も展示されています。

玩具マニアなら垂涎もののお宝が店内にひしめきあっている様子は圧倒的であります。

懐かしい玩具や子供のころ熱狂したヒーローのキャラクター商品を眺めながら

美味しいコーヒーでしばしタイムトリップを。

cheepascafe1 cheepascafe2 cheepascafe3 cheepascafe4 cheepascafe5 cheepascafe6 cheepascafe7 cheepascafe8 cheepascafe9 cheepascafe10 cheepascafe11 cheepascafe12 cheepascafe13 cheepascafe14 cheepascafe15 cheepascafe16

新年を迎えて早くも1月半ば・・・。

最近、時間が経つのが異常に早いです。(苦笑)

ところで昨年11月にyoutubeにアップした「1983年東京おもちゃショー」の動画が

一昨日、1月11日~12日の間で再生回数が激増しました。それまでは1日間で、せいぜい20回ほど

だったのが1日5000回を超えています。今日13日の昼過ぎの時点で総再生数7500回程です。

コメントも増えていますが英語のコメントが多く、アクセス先をみるとほとんどアメリカ。

どうやらアメリカのトランスフォーマーのファンに見つけられて共有されたからのようです。

トランスフォーマーのファン、熱いですね!

御無沙汰しております。8月31日からまったく投稿なしでした!

色々、ネタはあったのですが何から書いていいか分からないうちに時間が過ぎてしまいました。

写真だけはガンガン撮ってましたが、画像の編集もしないでほったらかしでしたし・・・。

とりあえず画像編集が終わったものからアップしていきます。

まずは10月11日から3日間幕張メッセで開催された全日本模型ホビーショーから。今年で53回目なのですが

噂によると今年はタミヤやラジコンメーカーなどが他の模型メーカーと話が合わず?分裂開催となってしまいました。

幕張は遠いので設営や集客面で問題があるため東京ビッグサイトに会場を移そう、という意見があったらしいのですが、

会場使用料の高さから反対意見も多く、結局、分裂したとの噂ですが事実は良く分かりません。

タミヤ、ラジコンメーカーは9月に東京ビッグサイトで「東京ホビーショー」として既に開催していましたが

運悪く、台風が直撃、ゆりかもめも運航停止、東京ホビーショーの入場者数は惨憺たる有様だったようです。

集客を見込んだ東京での開催は裏目に出たということになってしまいました。

今年はジブリ映画「風立ちぬ」の影響でゼロ戦の注目度が上がりました。その効果でゼロ戦にスペースを

割いた展示が多かったです。またゲーム「艦隊これくしょん」ブームを受け太平洋戦争の艦船のプラモデルも

多かったですね。

ところで意外な展示物がありました。石原裕次郎のロケ用のキッチンカーです。これは貴重なしかも普段

目にできないお宝です。そういえば自宅の近所に石原プロのトラックが停まっていた事がありましたが

同じカラーリングでしたね。

53hobbyshow1 53hobbyshow2 53hobbyshow3 53hobbyshow4 53hobbyshow5 53hobbyshow37 53hobbyshow6 53hobbyshow7 53hobbyshow8 53hobbyshow9 53hobbyshow10 53hobbyshow11 53hobbyshow12 53hobbyshow13 53hobbyshow14 53hobbyshow15 53hobbyshow16 53hobbyshow17 53hobbyshow18 53hobbyshow19 53hobbyshow20 53hobbyshow21 53hobbyshow22 53hobbyshow23 53hobbyshow24 53hobbyshow25 53hobbyshow26 53hobbyshow27 53hobbyshow28 53hobbyshow29 53hobbyshow30 53hobbyshow31 53hobbyshow32 53hobbyshow33 53hobbyshow34 53hobbyshow35 53hobbyshow36  53hobbyshow38 53hobbyshow39 53hobbyshow40 53hobbyshow41 53hobbyshow42 53hobbyshow43 53hobbyshow44 53hobbyshow45 53hobbyshow46 53hobbyshow47 53hobbyshow48 53hobbyshow49 53hobbyshow50 53hobbyshow51 53hobbyshow52 53hobbyshow53 53hobbyshow54 53hobbyshow55 53hobbyshow56 53hobbyshow57 53hobbyshow58 53hobbyshow59 53hobbyshow60 53hobbyshow61 53hobbyshow62 53hobbyshow63 53hobbyshow64 53hobbyshow65 53hobbyshow66 53hobbyshow67 53hobbyshow68 53hobbyshow69 53hobbyshow70 53hobbyshow71 53hobbyshow72 53hobbyshow73

もうぎりぎりの時間切れ寸前の話題ですが・・・。

と言うのは、今年の春、日本郵便と万国郵便連合の共催で行われた

年賀状のコンテスト「JAPAN POSTニューイヤーカードコンテスト」に拙作

応募しましたら、なんと一次と二次審査を通過しTOP40に選ばれました。

http://www.post.japanpost.jp/int/cardcontest/firstjudge.html

しかし、残念ながら最終審査では落選、グランプリと優秀賞は受賞できずTOP40にとどまりました。

でも大手町の逓信総合博物館で「世界が選んだ年賀状JAPAN POSTニューイヤーカードコンテスト展」として

8月10日~31日まで展示していただいております。私も招待状をいただいていたので8月の中旬に

見てまいりました。大きな展示ではないですし、地味な扱いでしたが、今度の土曜日(今日)で最終です。

実は逓信総合博物館も今月一杯で閉館になります。大手町再開発のためビルが取り壊されるのです。

消え去る逓信総合博物館を見る、最後のチャンスですので、お時間があってたまたま近くを通るような事が

あればお立ち寄りになってください。ついでに年賀状展もご覧ください。

http://www.teipark.jp/event/event.html#8

http://www.post.japanpost.jp/int/cardcontest/final.html

teipark1

nengajo1

nengajo2

nengajo3

追記:逓信総合博物館について

1964年(昭和39年)に郵政省、日本電信電話公社(電電公社)、国際電信電話株式会社(KDD)および、

日本放送協会(NHK)による共同運営の博物館として発足。大手町再開発のため2013年8月31日で閉館。

郵政資料館は来年、東京スカイツリータウンへ移転します。

パソコンがある日突然、起動しなくなり、どう対処してもまったく駄目なので仕方なく初期化しました。

データは外付けHDDやBDに保管してあったので無事でしたが、使えるように復帰させるのが

大変でした。メールアドレスが4つあるのですが、そのうちの2つが設定がうまくいかず何回もトライ。

ようやく設定できました。アプリやドライバーのインストールも面倒くさいですよね。

買ったばかりの時はわくわくしながら行うので苦にならないのですが、二度目でただ、現状復帰

させるのは苦痛です。そのために、このブログもうっかり放置してしまいました。

おもちゃショーの残りの画像もアップしようと思いましたが、あまりにも多いのと

もう旬も過ぎたので適当に選んで少しだけアップします。(苦笑)
hottoys1

hottoys2

toyshow1

NHKの人気朝ドラ「あまちゃん」ブームが鉄道模型にも!北三陸鉄道のお座敷列車「北三陸号」をモデルにしたそうです。
toyshow2JPG

toyshow2

toyshow3

toyshow4

auris1

特撮博物館の展示物は東宝や円谷プロの作品に登場したミニチュアや着ぐるみ、プロップが多いのですが

そのほとんどが会社所有の物ではなく個人所有の物だそうです。当時、ミニチュアは撮影が終わると

ゴミ同然の不要の物だったので廃棄処分になる物が多かったのです。しばらくは保管しておくにしても

毎年、特撮番組や怪獣映画や戦争映画が作られれば使用済みミニチュアの数も増えていき保管場所にも困る状況に

なってしまいます。なので野ざらしで放置され挙句の果てに廃棄、というケースも多かったのでしょう。

スタッフや関係者の子供に贈与する事も多かったようです。またマニアな子供だと欲しがったでしょうし。(笑)

実際、私もマイティジャックの撮影終了後に撮影所に遊びに行ったら、スタッフの方に「MJ号、欲しかったら

やるよ」と声をかけられました。しかし2mもの金属製の模型を持って帰る手段と保管するスペースがないので

あきらめました。(苦笑) しかし廃棄処分になっていた30センチほどの石膏製のMJ号はゴミ箱の中から拾い出し

我が家に持って帰りました。これは本体は石膏製で翼はバルサで作られていました。模型としての完成度や質感は

かなり低く、かなり割り切って制作されたのでしょう。水中ダイブシーンに使われたタイプのようで、大型水槽に

投げ込んだためか艦首が折れて消失していました。このMJ号はまだ保管してあります。

そういえば昔、「さよならジュピター」撮影中の東宝撮影所の中を見学させていただいた事があったのですが

「日本海大海戦」や「太平洋の嵐」に使われたと思われる戦艦や空母の大型ミニチュアが野ざらしになっていました。

これらも廃棄処分になったのでしょう。特撮博物館には一隻も展示されていませんでした。

マイティジャックを撮影していた撮影所は「栄スタジオ」という名前で円谷の所有ではなく貸しスタジオでした。

当時、農家の大地主の方が映画会社に節税対策として勧められ貸スタジオを建てたのが栄スタジオだと言う話です。

「これからはテレビ番組の製作が本格化するので撮影所の需要が多くなる」との売り文句だったそうですが・・。

この話は、当時、怪獣制作工房「エキスプロ」にアルバイトで働かれていて、のちにレインボー造形企画を創立された

前澤さんに覗いました。私はエキスプロも小学生時代に見物に行き(こっそり)ウルトラ怪獣のデザインスケッチを

目撃して衝撃を受けていたのですが、その頃、その絵から着ぐるみを作り上げていたのが若き日の前澤さんだった

のでありました。数十年後に仕事で再会するとは夢にも思わなかったですね・・・。話はちょっと脱線しました。

この栄スタジオに通いつめて有川貞昌特技監督にお近づきになり、ミニチュア製作方法を紹介されたミニチュア製作

スタッフの方に伝授させていただいたのですが、戦艦や航空機などの機体は板金、石膏、バルサで作るのは理解して

いました。分からなかったのが戦闘機などのキャノピー(透明な風防)の作り方です。紹介していただいたスタッフ

の方に「キャノピーはどうやって作るのですか?」と聞きました。するとスタッフの方は「塩ビをシボるんだよ」と

答えました。「エンビをシボル」とは・・・。まったく理解不能、そんな言葉も初めて聞きました。

「え?エンビですか?」と言うと「イチゴの入れ物に使われている透明な薄いケースがあるでしょ。あれですよ」

と教えてくれました。シボるというのは加熱して柔らかくした素材を型に押し当てて成形させる事だそうです。

キャノピーの型と抜き為の穴が空いた型の二つを用意し塩ビを挟み込み成形すると教えてくれました。

早速、家に帰ってから言われた通りに型を作り塩ビ素材を用意して試みましたら何回目かに成功しました。

あの時は嬉しかったです。今回、特撮博物館にも同じ塩ビを絞る型が展示してありこれも懐かしかったですね。

こんな展示物で懐かしがっている人間はほとんどいないと思いますが・・・。(苦笑)

↓は拾ってきたMJ号プロップ。デジタル一眼レフの高解像度の前には鑑賞に耐えられません。(笑)

↓は栄スタジオのミニチュア製作スタッフの方に製法を教わって作ったオリジナルデザイン飛行メカ。

本体及び翼はバルサの削り出しで、キャノピーは塩化ビニール板を加熱し木型でプレスしました。

コクピットの中のパイロットは1/72の長谷川製ジェット戦闘機のプラモデルから流用しました。

デザインはオリジナルですがサンダーバードやマイティジャックのメカデザインの影響をかなり受けています。
1968~1970年ごろにかけて製作しました。

↓は東宝撮影所に野ざらしになっていた戦艦や空母。