Category: ペット


新しい家族の一員の名前をどうするか。
フランスの猫なのでフランス人の名前にしようと、家族全員の一致が得られたのですが
そこから先がなかなか決まらない。(ペットショップではシャルちゃん、と呼ばれていた)
候補では
フィリップ
ダルタニアン
シャルル
ココ
ルネ
ルイ
アンドレ
モンターニュなど。
個人的には「フィリップ」がツボにはまったのですが同意は得られず。(苦笑)
結局、ペットショップでの仮名が聞き慣れていたのでシャルルになってしまいました。
「昔、シャルル・アズナブールというフランスの歌手がいたよね」と言ったら、
子供が「シャア?」と聞き返してきたので「そう言うと思ったよ。」と私。(笑)
 
ところでシャルトリューはおとなしくて従順、我慢強いという説明でしたが
うちの子には当てはまりません。やんちゃな暴れん坊です。
大体、猫は一日のうち半分くらい寝て過ごすのに、こいつはいつ寝てるのか、
と思うくらい起きています。まだ我が家に来て日が浅いから興奮しているのかも
しれませんが・・・。
 
兄貴分とツーショット。
奥にいるアメショーは8年前から飼っているフク。
広角レンズで撮っているので手前のシャルルが大きく見えますが
実際はフクの方が圧倒的に大きいです。
広告

シャルトリュー

我が家に家族が増えました。
まだ小さな子でなんと祖先はフランス生まれです。(笑)
実は先日、家の人間がある都内のペットショップで「シャルトリュー」という
種類の子猫に遭遇。ロシアンブルーのような繊細で上品な毛皮を
まとったフランス産の貴公子に一目ぼれしてしまったのです。
日本では非常に珍しい種類の猫で、全国展開しているこの大手の
ペットショップチェーンでも1匹しか在庫がないのだそうです。
事実、我が家にもシャルトリューを知っている人間はいませんでした。
希少性があるのと、ネットで調べたら人間に従順で賢く忍耐強く、まるで
犬のような性格の猫、と書かれていたので元?犬好きとしては心を
揺さぶられたのでした。(いや今飼っている3匹の猫もそれぞれ性格が異なり
猫っぽい性格の定義が良く分からないのですが)
そしてペットショップに連れていかれ実際に対面してしまったら購入を
思いとどまる理由は無くなりますよね。(笑)