先日、「日本のいちばん長い日」リメイク版の試写会へ行ってきました。

日本がいかに降伏を受け入れ太平洋戦争を終結させたか、その状況を克明に描いた力作です。

ご存知の方も多いかと思いますが1966年に製作された東宝映画の「日本のいちばん長い日」の

リメイク作品です。正確にいうと改訂された原作を元に作り直された別の映画ですね。

昭和版との最大の違いは昭和天皇のエピソードが多いこと。準主役といっても過言ではない。

昭和版を見たのはかなり昔で記憶が薄れているので正確ではないかもしれませんが、御前会議では

陛下は後ろ姿しか映らなかったと記憶しています。当時は現存されていたので恐れ多いとされていたのでしょうが、

今回のリメイク版では本木雅弘演ずる昭和天皇は会議だけではなく日常の生活描写も多いです。

いや天皇だけではなく役所広司二扮する阿南陸軍大臣の家庭も描いています。

昭和版は終戦前夜の陸軍将校のクーデター未遂事件に時間を割いていましたがリメイク版では鈴木内閣の

組閣から描いていきます。昭和版と今回の新作で一番違うのはタッチですかね。昭和版の岡本喜八演出は

迫真的で熱気がこもった演出だったと思いますし俳優陣も気迫に満ちたギラギラした演技だったが、今回は

重厚で静的な演出、俳優たちもどちらかといえば抑えた演技でしたね。昭和版ももう一回見直してみなければ・・。

img212

広告