もう1週間前の話ですが5月31日国立競技場ファイナルイベントが開催されました。

ニュースなどでも報じられましたが新国立競技場建設のため既存の解体が7月から開始されるので、

いよいよ業務終了となるのです。

この日、サッカーやラグビーの特別試合やセレモニーが行われブルーインパルスの展示飛行もありました。

1964年の東京オリンピックの開会式の時、国立競技場上空でブルーインパルスがスモークで5輪を

描きましたが競技場の終幕を再び同チームの展示飛行で飾ろうという趣旨なのです。

私の住む世田谷でも当時見ることができました。開会式の日、外に出たら都心方面の上空に

5輪マークが浮かび上がっていたのがおぼろげに記憶にあります・・・。

今回、あいにく親戚の告別式が武蔵村山であったのですが午後5時30分に開始されるというブルーインパルスの

飛行には間に会いそうだったので、とりあえず帰宅せず喪服のまま駆けつけました。(笑)

競技場に到着したのは午後5時過ぎ、周辺はすでに大混雑。ほとんどの人がデジカメやスマホをかまえて

待機中。そして5時30分過ぎにブルーインパルスが飛来しました。周囲にどよめく歓声とシャッター音。

しかし競技場周辺は建物と背後の樹木によって視界はあまり得られず。ビデオ撮影しましたが

短時間の追尾しかできませんでした。ここでなら静止画の写真撮影の方が良かったかと思います。

ビデオ撮影なら絵画館前の方が周囲を遮る建物がないので良かったかと。

blueinpals

国立競技場の最後の聖火
kokuritsu1__01

広告