先週、東京おもちゃショー2013に行ってきました。

今年はアベノミクスの効果か?景気が持ち直しているのか?昨年より出展企業が多かったです。

昨年は例年に比較すると明らかにブースの数が少なく会場面積が小さかったですから・・・。

木曜初日の天気が悪かったのが響き、初日の入場者数は昨年より減ってしまいましたが

翌日、金曜日は天候が回復、入場者は増えました。木金合計の業界関係者の総入場者数は

昨年より微増だったようです。ただし一般公開の初日、土曜の入場者数は昨年の同じ日より落ちていますね。

日曜日は持ち直し増えましたが土曜日が減った分まではカバーできなかったようです。

広報資料によると初日二日間のバイヤーズデイの入場者数は1万8738人で

昨年の1万8235人より微増です。しかし2010年の入場者数1万9,477人、2011年の1万8,782人の水準には

回復はしていません。一方、会期4日間の一般入場者数も含めた合計入場者数では15万9311人で

昨年の合計入場者数15万9,678人よりわずかに減りました。

今回の土曜日の入場者数が6万7280人で昨年の6万8308人より1028人も減ったのが大きく響いたようです。

2012年             2013年
(木)  9,824          9,626
(金)  8,411          9,112
(土) 68,308          67,280
(日) 73,135          73,293

最終日の日曜日はバンダイブースは入場待ちでかなりの行列だったそうな。

今年は久しぶりにウルトラマンの新番組が放送されますし、その商品展示があったので

注目度が高かったのでしょうか。宇宙戦艦ヤマトも新シリーズが放送中でヤマトの巨大モックアップが

展示されていました。精密感はなく大味ですが、人気はあったようです。

ビデオを撮ってきましたのでご覧ください。

広告