丸の内JPタワーの内部は最近のトレンドとなる吹き抜け空間となっており開放的な空間。

アパレルやリビング、グッズなどのショップやカフェ、レストランなど98店舗が一挙にオープンしました。

とても全部見て回るのは時間の都合でできませんでしたが、どこの店もお客さんであふれていて

カフェ、レストランも行列ができていました。待ち時間を聞いたら1時間40分の店も!

数軒探して30分待ち程度の中華料理店があったので迷わず、そこに決定しました。

モダンチャイニーズの「丸の内テラス 過門香」です。インテリアは豪華で高級感あるモダンなデザイン。

料理は現代的なアレンジでヘルシーな傾向でした。

続いてスイーツの店へ。

まず向かったのはフルーツパーラーの千疋屋。しかし、ここも行列が!待ち時間を聞いたら1時間ほどと

言われ、次に気になっていた神戸から東京初出店となる「御影 高杉」へ。しかし、ここも行列でしたが

千疋屋ほどではありませんでしたので列に加わる事にしました。30分ほどで入店できましたが

店はあまり高級感はなくデザインセンスもなんとなく90年代風?席はガラス張りで窓に向かった

カウンター席だったのでちょっと落着きません。行列している人に見られていますから・・・。

カフェではなくイートイン可能というレベルでした。オーダーしたのは神戸・御影本店でも看板商品と

言われている「ミルフィユ・オ・フリュイ」。確かにやや堅めですが食べてみるとサクサクの食感の

ミルフィーユは絶品でした。クリームの甘さも上品で程よい甘さ。店の第一印象はちょっと心配でしたが

肝心の味は良いです。

ところでこのKITTE内に旧東京中央郵便局長室も再現されており当時のインテリアの

雰囲気に浸りながらリニューアルした東京駅駅舎を眺めることも可能です。

jptower324_11

kamonka1

jptower324_10

kamonka5

kamonka2

mikagetakasugi4

mikagetakasugi1

mikagetakasugi5

jptower324_7

jptower324_8

広告