石ノ森章太郎の生家を後にし次の目的地は「石ノ森萬画館」へ。

「石ノ森萬画館」は石ノ森章太郎が中高生時代、放課後を過ごした石巻市にあります。

生家と石巻市はかなり離れているのですが自転車で2~3時間かけて市内の映画館へ

頻繁に通っていて第2の故郷と思っていたとか。

そのため1990年代後半にマンガによる町興しを企画していた当時の石巻市長に協力を要請され

マンガのミュージアム構想が策定されたのだそうです。

ミュージアムは石ノ森章太郎氏の死後、2001年にようやく完成しました。

しかし昨年の東日本大震災の津波被害により「石ノ森萬画館」と石巻商店街は

甚大な被害を受けてしまいました。だが石ノ森萬画館の建物自体は津波に耐え、石巻商店街にある

石ノ森キャラクターの像のほとんどは損傷をうけず、残ったそうです。今、石ノ森キャラクター

たちは石巻市の人々の生きる希望になっているのですね。マンガのヒーローたちが街を救う一助と

なっているとは石ノ森先生もさぞや嬉しいことでしょう。そして石ノ森萬画館は1年8カ月ぶりに

復興し11月17日に再オープンしました。石巻市復興のシンボルになるよう祈っております。

広告