レクサスLSがマイナーチェンジしました。

しかしマイナーと言ってもかなり大がかりなMCでフルモデルチェンジに近いです。

内装などまるっきり変わってしまいました。従来のインテリアやダッシュボードのデザインは

クラウン風で質感は高かったがフォーマルな雰囲気の古臭いセンスでした。

今回のデザインはかなりスポーティーでオーナーカー風のテイストです。オーナー自ら

ステアリングを握りたくなるデザインと言えるでしょう。

しかし、エクステリアに関してはかなり疑問です。初期モデルからあまり感心はできなかったし

中期のモデルも更に悪くなりました。今回、GSやRXで先に導入していたスピンドルグリルを

上級車種のLSに波及させましたが安い車種のデザインを応用する手法って、ブランドイメージの

構築手法として間違っていませんか。それにスピンドルグリルって何なんでしょ?

どうみてもアウディやフォルクスワーゲンの二番煎じに見えてしまいます。二番煎じと言うか

劣化コピーですね。バランスが崩れるまでグリルを大きくしています。このエグいマスク、何かに

似ているなと、考えていましたが、すぐに気が着きました。プレデターです。

で、ちょっと画像を加工して作ってみました。プレデター顔のレクサスLS。

広告