夜景や昼間の広角画像はキヤノンEOS5DmarkIIで撮影しましたが(超望遠はニコンP510)

もう一台カメラを持ち込みました。ミラーレス一眼のオリンパスPEN、E-PM1です。

このカメラのアートフィルター・ジオラマモードを使いミニチュアライズ画像を撮影しました。

本格的なミニチュアライズ写真はティルトシフトレンズを使いますが、価格が高級一眼レフ本体が

買えるような代物なので手が届かないし、レンズ交換作業が煩わしいです。超広角ズーム、標準ズーム、

望遠ズームに交換するだけでも大変なのにTSレンズまで加わったら展望台観光見物ではなく撮影のための

労働作業になってしまいます。(笑)

オリンパスのアートフィルターはカメラ内のマイコンでの画像処理で行いますが、ジオラマモードは

結構、完成度が高く、出力された画像はまるで六本木ヒルズ森タワーにある1000分の1の東京模型のよう。

(普段は非公開)楽しめますね。

P510にもジオラマモードがありますが効果が弱くミニチュア感が今一歩でした。

広告