4月20日にオープンした浅草文化観光センター。

スカイツリーの開業で活気づく浅草エリアの観光案内の拠点としてリニューアルされました。

設計は国際的な建築家の隅研吾。長屋を8層に積み上げたような独特の外観。不燃木のルーバーが

アクセント。シンプルでスタイリッシュなモダンですが和のテイストなので浅草・雷門の周囲の環境にも

なじむデザインかと思います。中に入ると、ここもスタイリッシュ。かっての浅草文化観光センターの

中途半端に時代遅れの下町の野暮ったさは微塵も感じられません。そして8階の展望テラスは圧巻。

雷門と浅草寺・仲見世がミニチュアのように眼下に見下ろせます。もちろんスカイツリーも。

観光案内所でありながら新たな観光スポットになってしまった浅草文化観光センターでした。

広告