GW中、ここに記事を投稿しなかったので、かなり遅れてしまいましたが「東京ホタル」について書きます。

2012年5月5日、6日に開催された墨田区、台東区、東京商工会議所、墨田区観光協会、台東区観光連盟が

主催、東京都が共催、後援が国土交通省、観光庁、東武鉄道など、特別協賛がパナソニックという一大イベントです。

正式名称は「東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2012」開業間近で最注目されている東京スカイツリーの

麓で、隅田川エリアを五感で楽しみ「川で暮らすこと新しい親水ライフ、川や環境との共生」に思いを馳せる

イベントだそうです。イベントのクライマックスは6日に行われた「ひかりのシンフォニー」パナソニックが

提供した太陽光蓄電LEDの「いのり星」を10万個も隅田川に放流、スカイツリーも点灯させるという壮大で幻想的な

アートです。私は、この「ひかりのシンフォニー」だけ目当てで行ったのですが、イベントが始まる午後6時30分には

駒形橋上に、すでに大勢の見物客が! 上流の吾妻橋も欄干にびっしりと見物人が貼りついていました。

でも、このイベントを知らない人も多いようで、通行人が「何してるの?」「これ何?」とか呟きながら

通り過ぎて行きました。青いLEDの「いのり星」が流れてきても「なんなのこれ~!」と驚いている通行人も

いらっしゃいまして、ちょっと意外でした。「いのり星」の放流、美しく幻想的でしたが、スカイツリーの点灯が

1時間後の午後7時30分とやや遅く、いのり星の放流のピークを過ぎた頃だったのがちょっと残念でしたね。

午後7時にスカイツリーを点灯させればもっと効果的だったと思います。しかし素晴らしい大がかりなイベントで

見ごたえがありました。付け加えておきますと、もちろん「いのり星」は20隻の船とネットによりすべて回収されたそうです。

広告