また話題が逆戻りしますが、先週、千鳥ヶ淵に花見に行った際に懐かしい建物に再会しました。

千代田区北の丸公園内にある旧近衛師団司令部です。

ネットで調べてみたら竣工:明治43年(1910)

設 計:田村鎮  構造:煉瓦造2階建て  特徴:ゴシック様式の煉瓦造り

昭和47年、国の重要文化財に指定された歴史的な建築物です。

昭和48年以降、現在は国立近代美術館工芸館として利用されていました。

実は昭和46~47年頃、友人たちと自主制作の8mm映画を武道館の敷地内で撮影中、警備員に注意され

場所を移動せざるをえなくなりました。そこで近辺を歩き回りロケ地にふさわしい場所を探していたのですが

偶然この建物の近くを通りかかり 廃墟同然で幽霊屋敷のような不気味な姿に魅了され「ここにしよう!」と

決まったのです。その映画の内容もスパイアクション物?でスパイ同士が殺しあうカットを撮ったのでした。

この不気味な館が映画の内容に最適だったと思います。ただし映画の出来栄えは・・・。今、見たら稚拙な

内容と仕上がりでがっかりすると思います。フィルムは最近も連絡を取り合っている友人がまだ持っている

かもしれませんが、この話題はまったく出ておらず。もう忘れ去っているかもしれません。

いや、彼は某国営放送の番組企画をしているので封印したい過去かもしれません。(笑)

広告