昨日、2月23日、無事○○回目の誕生日を迎えました。

もう、年が増えるのはあまり嬉しくないですね。(苦笑)

無事に生きてこられたということで喜ばしい事かもしれませんが。

祝っていただけるのも嬉しいです・・。(笑)

で、お祝いで出かけたのが築地のステーキ店、哥利歐(ゴリオ)です。

新橋の超高級ステーキ店「麤皮(あらがわ)」の姉妹店。かっては銀座・博品館にも「芭爾札克(バルザック)」

というカジュアルな姉妹店がありましたが残念ながら2001年に閉店しています。ここへはランチで

よく通っていた店でした。この店名で気がつかれた方もいるかもしれません。ここのオーナーはフランスの文豪

オノレ・ド・バルザックのファンで三つの店名は作品名と作家の名前から取られています。

ここで使われている肉は 但馬三田牛で優秀賞を受賞した肉牛だそうです。それを3年間飼育して味の旨みを

高めています。通常は1年で成牛になったらすぐに食肉にしてしまうそうで、飼育コストも非常にかかって

います。それをレンガの窯で紀州備長炭を用いて焼いています。味は日本最高クラスかと思われます。

実際に食べてみると柔らかくジューシー、表面がうっすら、こんがりと炭化して香ばしく超絶に美味しかったです。

広告