スカイツリーの建設工事は塔体や展望台、アンテナ部がほぼ完成しており外観に関しては今後

もう変化はないと思いますので、定点観測のテーマを変更して違う視点からのスカイツリーや

周辺環境の魅力を探っていきたいと思います。そこで今後しばらくはスカイツリーの見える

レストランという企画で画像を紹介していきたいと思います。

まず第一弾はスカイツリーに最も近いレストラン、ということで本所吾妻橋のアサヒビールタワーの

レストランからの眺望を紹介いたします。実はもっと近いカフェレストランがありますが、近すぎて

スカイツリーが収まりきらないので、そこは別の機会にいたします。(笑)

では、記念すべき第一弾は「ラ・ラナリータ」浅草地域では随一の眺望を誇るイタリアンリストランテ。

金の炎(フラムドール)のモニュメントが目印となるアサヒスーパードライホールを足下に置く

アサヒビール吾妻橋ビルの22階にあります。フラムドールの内外装はフィリップ・スタルクの手になる

デザインですがラ・ラナリータのインテリアデザインは内田繁氏。日建設計によるビールジョッキに

見立てたビルの泡部分の建物構造に呼応した空間デザインを展開しています。

超高層からの眺望を楽しめるレストランは今や珍しくはないのですがリバーサイドが眺められる店は

あまり多くはないでしょう。隅田川のゆったりとした川面を眺めていると時が経つのを忘れます。

天井の高さも印象的です。しかし築18年の歳月は感じてしまいますね。モダンですがいまや既に古い

センスだと思います。ところが一昨年から建設が始まった東京スカイツリーがウィンドウから見えて

このレストランが全てにおいてかなりランクアップしました。スカイツリー目当てのお客もかなり、

いるのか以前よりお客さんが多いような気がします。そういえば店全体にも活気が出てきたような。

スタッフの接客も明るくなり、料理も平凡ですが、丁寧な味付けや調理になってきたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告