5月5日、ANAインターコンチネンタルホテルのフレンチ「ピエール・ガニェール」

で食事した後、たまたま通りがかったアークヒルズにあるサントリーホールに寄ってみました。

GWだというのにカラヤン広場は人気がなくひっそりと静まり返っています。

いくら自粛ムードとは言え、これはあまりにも酷いだろうと思っていたら、

サントリーホールが閉まっている事に気がつきました。

入口の付近にコンサートの日程表が貼ってあったので何気なく目をやると

「公演中止」の文字が飛び込んできました。

注意深く目を通すと、なんと海外からの来日アーティストやオーケストラの演奏は

すべて中止に。この日も高名なアンネ=ゾフィー・ムターのヴァイオリン・リサイタルが

公演中止になっていました。ウィーン少年合唱団も公演中止だ。

これでは閑古鳥が鳴くのも仕方がない。広場周辺のカフェもお客が数人しかおらず

惨憺たる有様でありました。

広告