一昨日、3月20日は月と地球の距離が最短になるスーパームーンの日。

NASAによると、月と地球が最も遠い距離にある時と比べると、およそ14%も大きく、

30%も明るく見えるとのことだそうです。この最接近は18年ぶりだとか。

引力の影響で地震との因果関係を指摘する科学者もいて実際にスーパームーンの 時は

地震が多かったという説もあり、今回の東北大震災との関係を疑っているらしいです。

しかし実際、震災が起きたのはその9日も前ですので否定的な意見が多いですね。

 だが22日頃、もう一回大きな地震が来るとの予知情報も出ています。気をつけましょう。

下の画像は昨年2010年9月22日の満月との比較です。比べるとかなり大きいのが

判りますね。↓

追記:22日、地震が多かったですね。23日以降にも大きいのが来るそうです。

広告