東北地方太平洋沖地震で被災された方にお見舞い申し上げます。

また、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

東京も強烈な揺れでした。会社にいましたが今までに体験した中で最大の揺れで

恐怖を感じました。ひょっとすると関東大震災か?と思うほどでしたが、でも

振幅は大きいがやや中周期的な振動だったので遠方で大規模な地震が起きている

のかもしれないと、一瞬、別の不安感がよぎりましたがまさしくその通りでした。

かなり長く続いた地震がようやく収まりテレビを点けてみたら震源は宮城と

発表されていました。余震が続くのでまったく仕事にならずテレビで地震情報を

見ていましたが生中継で津波の映像が。目を覆いたくなるような悲惨な地獄絵図

でした。あまりにも信じられない映像なのでCGかと思ってしまうほど。

「ディープインパクト」「デイアフタートゥモロー」「2012」の

映像を想起させられましたが、でも現実の映像はやはり恐怖感がまったく

違いました。スカイツリーが気になり確認に行きましたが、クレーンを

垂直に上げて待機状態。多分、緊急退避モードなのでしょうか。

この日、電車が止まってしまい帰宅困難になりかかりましたが、夜遅くになって

私の利用する鉄道は復旧し運行が再開されました。泊り込みを半分覚悟していましたが、

運行再開のニュースを聞いて会社を退出。しかし社内で12人ほどが帰宅困難で泊まった

そうです。駅まで歩く途中、都心部から大勢の歩行者がやってきます。

おそらく徒歩での帰宅者なのでしょう。この道は普段、こんな交通量では

ありません。道路も大渋滞していました。

やってきた地下鉄に乗リ込むと満員でしかも途中駅から停車時間が異常に長い。

停車するごとに15分~20分ほど、駅で停まっていました。

満員状態で20分も立っているのは、かなり精神的にもきつかったですね。

閉所恐怖症でなくとも気が変になりそうでした。しかし被災地で瓦礫に

挟まれて身動きできない人も居るのだろうと考え、大した事ではないか、と

思うようにしました。だが、そのパターンが延々と続くので、乗客もそのうち

状況を 察知して一度駅に降りてホームで待つようになりました。

車内アナウンスによる情報が少なかったので状況が良く分からなかったのですが

どうやら都庁前駅で乗降客が大混乱を起こしていたらしく、手前の新宿西口駅で車両が

待機していたようです。結局普段、所要時間19分ほどの区間を1時間30分以上かかって

しまいました。ようやく新宿から京王線に乗りましたが改札口で入場制限!! しかも

改札口の向こうには警察官が配備され交通整理をしていました。

しかし、これはあまり待たずに入場でき電車にも比較的スムーズに乗れました。

この日は緊急事態のためか終電がないようで午前1時過ぎになっても電車は運行

していました。大変な一日でしたが被災地の方の想像を絶する苦難に比べたら、まったく

大した事ではないでしょう。一人でも多くの人が救われますようお祈りしております。

広告