カカクコムとブラウンのコラボによる「ブラウン新型シェーバー「シリーズ3 350cc-A」
ユーザー体験会モニター募集」に応募したら見事、当選しました。
招待メールが届いたので先週末、土曜日に会場に出かけてきました。
場所はP&G東京支社、東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー27F
「パンパース」ルームです。
何故、プロクター&ギャンブル東京支社で?と疑問に思ったので調べてみたら
なんと、ブラウンはジレットに買収され、そのジレットが更にP&Gに買収されていた
のでありました。いまやジレットもブラウンもP&Gのブランドの一つなのです。
 
ブラウンデザインは昔から、尊敬と憧れの対象で、シェーバーはもちろん電卓、
目覚まし時計、ヘアドライヤー、電動歯ブラシ、コーヒーミルを購入していました。
シェーバーは大学生の頃から使っていて一回ナショナル製とフィリップス製に浮気
していますが、ブラウンはもう5~6台ほど買い替え保有していました。
電卓についてはいまだにブラウンは最高のデザインだと思います。
もう10年ほど前、ニューヨーク近代美術館にブラウンの電卓が展示してあるのを
見て嬉しかった事を覚えています。それがP&Gグループとは、時代の変化を
感じますね。願わくばブラウンのデザインポリシーが変わらない事を祈ります。
 
さて、東京オペラシティタワーに訪れたのは1年半ぶり、前回、何の用事で
訪れたのか記憶にありません。(笑)
 
1996年にこの施設は竣工しましたが、当時はこの空間は素晴らしかったですよね。
7年ほど前に仮面ライダー555でスマートブレイン本社として使われましたが、
その当時も近未来感を漂わせていました。今見ると、こんなもんだったけ?と
思ってしまうのが東京のすごいところです。(笑)
 
 
 
体験会が始まるとまずブラウンのプレゼンテーションが開始されました。
プロジェクターで会社概要や製品説明が行われ電気シェーバーのシェアなどの
説明もありました。ブラウンは振動式では世界シェアが48%あるそうです。
この新型シリーズ3はシリーズ7、シリーズ5の下に位置するモデル。
BMWで言うところの3シリーズです。ただしブラウンは廉価モデルはシリーズ1の
下に更なる低グレードモデルがありシリーズ3は中間モデルとなります。
ただしこの「シリーズ3 350cc-A」はアルコール洗浄機能付では最も低価格な
モデルだそうです。
プレゼンテーションの後は実際にモニター機を使っての髭剃りタイムです。
使ってみると私が今まで使っていたブラウン・コントゥア5895よりやや静かで
振動が少なく、網刃の肌への密着感も優れていると思いました。ただし
外観のデザインや質感は安っぽいかな・・・。髭を剃った後、充電洗浄台に
セットしアルコール洗浄をした後、確認の為、シェーバーを引き抜いたのですが
そのとたんに網刃の中からアルコールがぼたぼたと零れ落ちました。
従来機のコントゥア5895ではこんな事にはならなかったので、一瞬、
コストダウンか、とも思いましたが、どうやら網刃の構造上、アルコール液が
溜まってしまうようでした。
 
モニターとして使ったシェーバーはサンプルとしてお持ち帰りさせていただきました。
今回の体験会を企画したカカクコムとブラウン広報の方々、ありがとうございました。
持ち帰ったシリーズ3はコントゥアと仲良く並んでいます。
追記
価格コムに体験会の記事が掲載されています。
私も後ろに小さく写っていますね。(笑)
広告