今まで10数年間、使っていた掃除機がとうとう壊れました。
機種はヘルスモアー社製プリンセスエメラルドというアメリカ製の大型掃除機です。
ビルの清掃スタッフが使うような業務用機のようなデザインで、重く音が大きく
使いにくい機械でした。しかし吸引力や空気清浄機能が優れているという謳い文句
で、使っていて確かに排気から異臭はしなかったですね。
修理も考えましたが、もう輸入代理店が倒産したのか、連絡がつきませんでした。
ネットで調べても備品類は手に入りますが本体は販売していません。
そこで次期主力掃除機の有力候補がダイソンでした。大手家電量販店ヤ○ダ電機
でチェックをしてみましたが意外にコンパクトで吸引力も強そうです。音が大きいですが
プリンセスエメラルドに慣れていたので、気になるほどではありませんでした。
なによりデザインが素晴らしい。他の掃除機にない家電らしさがなくSFチックな
メカニカルな魅力があります。男が使っていても違和感がないデザインですね。
以前から気に入っていたのでついに決断。購入したのはダイソンDC26タービンヘッド
コンプリートです。
ただし自宅に持ち帰りよく見ると意外に質感はチャチな感じもします。(笑)
ゴミの収容部がクリアビンになっていて吸ったゴミが見えるというのが長所でもあり
短所でもあります。つまり汚いものが見えていると気になるので頻繁に捨てています。
その結果、いつも掃除機が綺麗です。(笑) しかし普通の掃除機のようにゴミが
紙パックに密閉されないのでゴミ箱に捨てる時にはゴミが舞い散らぬように気を使い
ますね。紙パックを使わないのは維持費のダウンに繋がり経済的ですが。
長時間使用していると排気が熱くなってくるのもちょっと気になるところ。

広告