これも一ヶ月以上前の話題です。古い話が続いて恐縮ですがご容赦を。
19年ぶりに東京タワーに登ってきました。
 しかし、最近、スカイツリーを見慣れた目には東京タワーが意外に小さく
見えます。あれ?こんなもんだったっけ?という感じです。
 
 
東京タワーのすぐ近くや、タワー足元のビル、フットタウンには時々行くのですが
展望台に登ったのは19年ぶりです。最近は映画やTVの効果で東京タワーの人気が高く
いつ行っても展望台エレベーター入場待ちで長蛇の列なのですが、この日は
なぜか、土曜日だったのに空いており、チャンスとばかり登ってしまったのでした。
しかし特別展望台は最長80分待ち、仕方ないので大展望台だけで我慢しました。
大展望台は高さ150m。超高層ビルが林立している現代においては、特別な
高さではありません。いや東京タワー展望台より高いビルはかなりの数、
存在します。しかし、これだけ四方の眺望が楽しめる展望台はないでしょう。
最近はライバル、東京スカイツリーも人気のビューポイントの一つになっており、
スカイツリーを見つけたお客さんは指を刺しながら口々に「あ、東京スカイツリーだ」
とはしゃいでいます。
 東京タワーから見た東京スカイツリー。望遠ズームでの撮影ですので肉眼では
これほど大きくは見えません。↓
 
 ザ・プリンスパークタワー 、ここの最上階のラウンジ、ステラガーデンから見た
東京タワーの景色も絶景です。もう3回ほど行きました。
(地下バンケットルームは広くて天井高があるので最近、市川海老蔵の結婚式や
民主党代表選などで使われています。)
 
お台場レインボーブリッジ
 
六本木ヒルズと東京ミッドタウンの間に夕日が沈んでいきます。
 
 
夜景も素晴らしいですね。
 
ルックダウンウィンドウから見たタワーの真下。夜景だったせいかあまり
恐怖感は感じませんでした。でも凄い景色です。
 
タワー真下から撮影した大展望台の拡大画像。ルックダウンウィンドウが見えています。
 
この時のライトアップは「ダイヤモンドヴェール」でした。
広告