4月23日に発売され大ヒットしている「アバター  ブルーレイ&DVDセット」を
早速購入、視聴しました。驚異の高画質、極彩色の映像美に驚嘆。
以前見た「スパイダーマン」「ダークナイト」「2012」のブルーレイも高画質なのに
驚きましたが、「アバター」はそれら以上の高画質。冒頭の宇宙船の映像は
船体の表面ディテールまで精緻に描写され思わず息を呑むほど。
惑星パンドラの世界の美しさも信じられません。異世界の自然を完璧なまでに
創造し映像化しています。植物や動物までデザインも含め質感も凄いです。
 
 
ただしストーリーは何となくジブリっぽい?「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」
「天空の城ラピュタ」などにヒントを得ているような気が。
科学文明と自然との対比、権力者と先住民の対決の構図やテーマが宮崎アニメ
と相似しています。しかし、パンドラを攻撃を指揮する海兵隊の隊長、あまりにも
単細胞な好戦的人間として描かれ漫画みたいですね。西部劇じゃあるまいし。
 
未見の方は以下の文章を読まないで下さい。
 
クライマックスシーンでネイティリがジェイクを救うシーンがありますが
ジェイクが人間だったという事を知っていたとは。酸素マスクを着けさせて
救命する方法もなぜ知っていたのでしょう。かなり説明不足です。
11月に発売される完全版では本当に完全に描かれているのでしょうか。
 
ところでチャプターバーとアイコンが勝手に表示される不具合が発生しました。
ネット上でも話題になっています。我が家のブルーレイ再生機器はパナソニック製
レコーダーですが(テレビはパイオニアのプラズマ)5、6回ほど表示されました。
ソニー製では頻繁に出現するとも書き込みがありましたが、機器のバージョンアップで
直るのでしょうか?
 ↓はプラズマの画面を撮影。
 
追伸
昨日、母親の部屋に置いてあるパナソニックのブルーレイレコーダー(私のと同じ型)では
まったく出ませんでした。どういうことか。ひょっとしたら回線を使ってファームウェアを
自動更新でバージョンアップしたのか。プラズマテレビはパナソニック製ですが、
これは関係ないですよね・・・。
広告