あるお仲間の会合での利用です。
実は目黒川での花見の後、訪れました。
店名は「ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ」と発音します。
山の手通りに面したカジュアルだが洒落た店構え、テラス席もあります。
 
 

後で知ったのですが、なんと世界ピッツア選手権チャンピオンの山本尚徳氏が
東京ミッドタウンの「ピッツェリア・トラットリア・ナプレ」から独立、中目黒に出店して
いたのではないですか。恥ずかしながら今頃気がつきました。
先日のTBS「王様のブランチ」でもかなりの時間を割き紹介していました。
 

それによると窯はイタリアの職人がイタリアの材料を使って作り上げたナポリと同じ物で
ある事、ピッツア用の小麦粉がイタリア・サン フェリーチェ社製で価格が普通の製品の
数倍である事など・・。
ミッドタウンオープンの際、ナプレに40分並んで食べた記憶がありますが、感動的に
美味しかったですね。この世にこれほどのピッツアがあるのかと思ったほどです。
その時の記事↓
2年ほど前だったか、たまたま、録画してあった「徹子の部屋」に山本尚徳氏がゲストで
出演していた回があり、びっくり仰天してしまいました。この番組は大スターや人気アイドル、
有名な芸術家や作家、が出演する番組だと思っていたのでピッツアイオーロが出演とは
大いに驚いたのです。(過去に有名シェフやパティシエが出たこともありましたが)
如何に大きな功績、業績を認められたか、証左になると思います。
この番組はレコーダーのHDDが一杯になってしまいそうだったので消去してしまいました。
DVDにコピーしておくべきだったか・・・。
 
さて前置きが長くなりました。今回3種類のピッツアをオーダーしました。
まず最初に運ばれてきたのはマルゲリータD.O.C。
トマトソース、水牛のモッツァレラチーズ、バジリコ、ミニトマトが載っています。
 

味付けや食感共にとても美味しかったですが、ナプレの時に感じたパリっとした香ばしい
表面とモッチリ、ふわっとした生地内部が見事に調和しているかというと、ちょっと足りない
というかあの完璧さが無かったような気がしました。
さて2枚目はリピエーノ アル フォルノ コン フンギ(RIPIENO AL FORNO CON 
FUNGHI)モッツァレラ、リコッタチーズ、ハム、トマト、キノコ、バジリコ、ペッパーのピッツア。
 

これは今までに食べた事がない味で中にクリーミーなチーズが入っています。
見た目は粗野な感じですが味はそうではなく、上品な味です。
これは美味しいですね。
さて、3枚目スペシャルピッツア(実はメニューに載っていない)と言いたい所ですが、
店側のオーダーミスで注文が入っていませんでした。しかも営業時間終了。
オーダーを入れてから30分ほどかかる特製ピッツアなので残念ながら未食に終わって
しまいました。もちろん店側は平謝りでしたが・・・。
近々、なんとしてでも最チャレンジして食べたいです。
でもテレビに紹介されちゃったから今後は行列必至でしょうね。
広告