先週、日曜日はある自動車評論家氏の掲示板で知り合った方たちとその先生を
囲んでの花見オフ会を夢の島で開催。
昨年12月19日の記事でも書いた夢の島マリーナに花見のために再び集合しました。
 

なぜ花見オフのため夢の島マリーナに集合するかと言えば今回はモータボートから
船上花見会を楽しもうという趣旨なのです。オフ会参加者は25人なのですがボートの
定員は7名。つまり4回のクルーズ便が出ることになったのですが、運転する係りは
評論家の先生だけ。損な役回りですが、いやな顔一つせず、全員を花見クルーズへ
連れていってくれました。 この日は気温が上がらずまるで忘年会のような寒さでしたが、
寒さも吹き飛ぶような痛快、豪快な航海でした。他の船が作った波を乗り越える時に
飛沫を上げ船体に衝撃が加わり時にはジャンプしますが迫力があります。
 
 
新木場から月島・佃島の横を抜けて大横川に入ってからは一転、穏やかで優雅な
クルーズとなります。両岸にある満開の桜の花を楽しみました。
 
 
 

マリーナではオフ会の番頭さんが天ぷらを屋外で揚げ 、豊富な食材を堪能しました。
日没になってからは気温が一段と冷えてきたのでゲストハウスに撤退。
暖まりながら談笑し夜7時40分ごろ終了となりました。
    
 
私は会場までの交通手段は電車で、最寄駅からマリーナまでは徒歩だったのですが
帰路は新木場駅まで車で送ってくれる方がいて相乗りさせていただきました。
ところが、このドライバーさん、名古屋の方なのですが、所用のため私の自宅の付近
まで行くことが分かりました。私が目的地は自宅の近くだと言うと、ではこのまま
お連れしますよ、という話になりました。帰路、事情を聞いてびっくり。
この方、ライドシェアをされているのだそうです。
初めて知ったのですがライドシェアとはインターネットによる会員制の相乗りシステムで
お互いに相乗り仲間を探して高速料金、ガソリン代を折半し経済的なドライブを楽しむ事
を目的とした無料のサイトです。つまり、この方はこれから名古屋に帰郷されるのですが
ネットで探した名古屋行き希望の登録者を相乗りさせ諸費用を折半してもらうのだそうです。
いや、こんなシステムがあるとは恥ずかしながら今まで知りませんでした。
広告