一昨日のテレビのニュースで驚愕の事実を知りました。
アニリール・セルカン氏、東大博士号取り消し!! 
博士号申請用の論文が盗用された物であることが発覚したようです。
4年前、セルカン氏の講演会を聞いた事があり、世の中には凄い天才がいるものだと
感心したのですが、真実を知らされがっかりしてしまいました。
当時、自己紹介による彼の職業は建築家にして東大工学部助手、JAXAの研究員、
NASAの宇宙飛行士。宇宙ステーションの設計、宇宙エレベーターや800mの超高層ビル
の研究をしていたそうです。
日本語を含む8ヶ国語をマスター、シュメール語が読み書きできて、冬季オリンピック
スキー競技で銀メダル、長野五輪でトルコスキーチームコーチ、と言う超多才な面も
アピールしておりその経歴や才能に圧倒されました。
講演会の後で雑誌「散歩の達人」でも彼のインタビュー記事を見かけまして、やはり
有名人なのだなあ、と感心していた記憶がありました。
しかし、輝かしいこれらの経歴もすべて詐称だったようです。確かに火星探検計画の
宇宙飛行士に選ばれたのに東大で助手をしているというのも不思議な話でした。(苦笑)
それにNASAに有人火星探検計画はあるものの具体的な発表はまだないですよね。
(4年前、講演会の際の感想を書いた記事)↓
 
人事部の社員研修担当者もだまされていたのですね。
 
広告