高知県の主な見学目的はアンパンマンミュージアムでした。
なぜ高知にアンパンマンミュージアムが?と思われるかもしれませんが
作者のやなせたかし氏が高知県の出身だからだそうです。故郷に記念美術館を
作ったというわけです。正式名称は「香美市立やなせたかし記念館」で
アンパンマンミュージアム、詩とメルヘン絵本館、やなせたかし記念館別館及び
やなせたかし記念館公園で構成され運営はアンパンマンミュージアム振興財団。
 
内部にはアンパンマン関連の絵画やスケッチ、ジオラマ、キャラクター商品など
かなりの数の作品や商品が展示されてありショップもあります。
内部は撮影OKだったのですが残念ながらWEB公開は禁じられています。
代わりにこちらの公式サイトをご覧ください。↓
(しかし画像が小さくて素人くさい作りのサイトですが・・・)
http://www.anpanman-museum.net/
こちらはアンパンマン公式サイトでのミュージアム紹介↓
 
 
 
 
高知市内を宿泊するホテルに向かって走行中、観光名所の「はりまや橋」の
横を通りました。あまりにも小さくてびっくり。現在の車の通行に使われている橋は橋の長さ
より道路幅のほうが広く、もはや橋とは言えません。有名な赤い橋は10mほどしか
なく、バスガイドさんの説明によると「日本三大がっかり名所」の一つだと言う事です。
他の二つは北海道「札幌時計台」沖縄「朱礼門」と説明され、激しく同意しました。(笑)
下の画像は車道のはりまや橋上のバスの中から撮影。現在のコンクリート欄干と
有名な江戸時代の赤いはりまや橋(復元ですが)を捉えています。

 
これは上の画像の元画像。左にはりまや交差点まで写っています。
 
ソフトバンクのCM「高知編」ではりまや交差点の風景が一瞬写ります。
私の撮影した↑画像の左端にある高知銀行が↓に写っていますね。
広告