近年、鉄道ブームだそうです。
この数年でも「交通博物館」の惜しまれつつの閉館、「鉄道博物館」のオープン、
そして予想を上回る入場者数など話題になりました。
NHKの番組でJRを乗り継ぎ日本縦断を生中継した「列島縦断 鉄道12000キロの旅
〜最長片道切符でゆく42日〜」「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅~JR20000Km全線走破」
シリーズ化されました。鉄道関連の博覧会やイベントも多いですね。
深夜の長寿カルト番組「タモリ倶楽部」も鉄道を取り上げる回数が増えている気がします。
 
鉄道をコンセプトにしたレストランや居酒屋も目立つようになってきました。
そして浅草にもこの5月にレストランがオープン(正確にはリニューアル)しました。
それがこのAMOR(アモール)です。経営母体は老舗鰻料理店の「前川」。
要するに「前川」の多角経営店です。店が入居しているビルも前川の所有です。
 
 
以前はカフェバー調の雰囲気のイタリアンだったのですがシェフが辞められて、
新しい店長が就任、この方が大の鉄道マニアなので思い切って鉄道をコンセプトに
したスペイン料理の店に転換してしまったそうです。
以前からあったカウンターの上にNゲージのジオラマを組み様々な車両を走らせています。
浅草・雷門からドイツのノイシュバンシュタイン城へ続く不思議な(笑)ジオラマですが
なかなか壮観です。走っている車両もマニアックなモノが多く、鉄オタの方なら食事より
車両が気になってしまうでしょう。(笑)そして持ち込み車両の走行も可能なのは鉄道模型
マニアの方にとって嬉しい企画です。最近は噂を聞きつけ近隣の玩具メーカーや
葛飾区の玩具メーカーの社員までランチ兼見学に来るそうです。
私が訪れた際にも某メーカーの社員証を首からぶらさげた方が数名・・・。(笑)
 
このジオラマを制作したのはDDFという鉄道ジオラマ制作を専門に手がける工房。
今までにショールームやイベント用に数多くのジオラマを作っています。この店の
ジオラマは制作費なんと400万円だそうです。
 
 
 
 
 
店内の内装はカウンター以外は変わらず以前のまま、モダンで都会的な内装ですが
落ち着いた色調、浅草の雰囲気は感じられません。(笑)
今までにランチで3回、訪れました。ランチメニューはA.B.Cの3種類あり、Aコースの
「パスタのパエリア」はあまり馴染みの無い料理で他に比較対象もないのですが意外に
食べられます。その他、Bコース「パエリア(海鮮)」などもまあ普通の出来栄えでした。
最近、いただいたランチメニューCの「日替わりメニュー」は肉料理で煮込みでしたが、
やや味付けが濃く、男性向け?でしょうか。しかし美味しかったです。
価格は900円~1000円デザートセット+300円なのでコストパフォーマンスは良いと
思います。そのうちディナーも行ってみたいと思いました。
広告