東京スカイツリー、建設進捗状況紹介ブログです。(笑)
前回の記事では5月17日、建設現場付近からの取材でしたが、↓
今回はやや離れた位置からの定点観測です。都内某所から定期的に
撮影しています。まずは画像一番下は5月14日の撮影です。一番上は最近の画像で
6月29日撮影です。高さは61mとなっております。5月中旬で40mだったので1ヵ月半で
20m上がった事になりますね。上に載っているタワークレーンは黄色いシャフト部が
25mあり真ん中の白い運転台から伸びている赤いクレーン部もほぼ同じ長さなので
真上に持ち上げた状態ではクレーン全体で50m位ありそうです。つまりこのクレーン
の全高より10mも高い状態に東京スカイツリーは達している事になります。
それから割り出すと周囲のビルに隠れている東京スカイツリーの足元部分は見えている
部分の2倍以上あると推測されます。
上の3枚の画像でタワークレーンのクライミング経過を捉えていますが、
クライミングの方法はこちらのメーカー公式サイトの動画をご覧下さい。
                    
                  「6月29日撮影」クライミング終了
 
              「6月25日撮影」2基のタワークレーンがクライミング
 
             「6月23日撮影」 左のタワークレーンが上昇しました。
 
                      「6月17日撮影」
 
                      「5月24日撮影」
 
 
                                          「5月20日撮影」
   
 
                     「5月14日撮影」
広告