ご無沙汰しております。
多忙につき更新が遅れておりました。年末なのでまだ色々な雑用に追われています。
 
でも今年も、もう後わずか。このままいくと挨拶もなしで新年に突入しそうなので
無理やり時間作って書きますね。(笑)
 
先の日曜日、2年4ヶ月ぶりに青梅のレトロ商店街を訪れました。
前回、青梅商店街を訪問した時の記事はこちらに書いています。↓
 
2年前の夏の花火大会の見物に行った時に初めて青梅商店街を訪れたのですが
この時は商店街や赤塚不二夫会館、昭和レトロ商品博物館は営業時間終了と
なっていたので全く見ることが出来ませんでした。今回、武蔵村山の親戚の
家に所要があったので帰りに少し足を伸ばして寄った次第です。
2年前といえば赤塚不二夫の奥さんが亡くなった時で今年は赤塚不二夫が
ついに亡くなってしまいました。なので今回、どうしても赤塚不二夫会館を
訪れたいと思ったのでした。2年前に赤塚不二夫会館の事を知った際に
ネットで調べていたのですが、調べているうちに赤塚氏の奥さんのブログに
たどりつきました。読んでみたら涙なくしては読めません。つらい日記でした。
特に最後の書き込み・・・。↓
 
赤塚不二夫会館は小規模な展示館というもので建物は昔の商店を改装したらしく
しっかりした作りではないですが、ファンならずとも味わいを楽しめると思います。
「おそ松くん」「天才バカボン」などの原稿はもちろん無名時代の知られていない作品の
原稿も展示してあり、思わず昭和の彼方へタイムスリップ。「トキワ荘」のミニチュアが
置いてあったり、赤塚不二夫の仕事部屋が再現されていたり、貴重な生前の
写真パネルが並べてあり他にも当時の漫画週刊誌の展示もあり楽しめました。
 
 
 
 
広告