丁度、2年前の夏、東京中央郵便局の記事を書きました。

郵政民営化の一環で建て替え計画が検討中であること、文化人による建て替え

反対派が保存嘆願書を公開した事など。

https://ko10008.wordpress.com/2006/07/06/東京中央郵便局/

しかし、郵政民営化が現実化し、郵政省が日本郵便株式会社となった今、

東京中央郵便局の郵便事業は銀座支店との統合で移転、郵便貯金も

ゆうちょ銀行として移転、ついにこの建物は廃止に追い込まれました。

先日、東京中央郵便局の前を通ったらビル内は照明が消え真っ暗でした。

着々と取り壊しに向かっているのです。発表された計画によると2011年度を

目標に200mの超高層ビルに生まれ変わり、日本郵便はオフィスビルとして

賃貸収入を目論んでおり毎年、百数十億円の利益を得る算段となっています。

民営化したら利益最優先なのですね。寂しい話です。

下は2年前に撮影した郵便局内です。今となっては貴重な画像。
広告