昨日の夜、ヤフーのニュースでグーグルが新サービス「グーグルマップ・
ストリートビュー日本版」を開始したのを知りました。Googleマップ上で指定した
位置の実際の町並みを見ることができるネット上の新技術です。まだ、東京23区、
札幌、仙台、横浜、京都、大阪など、105の市区町村のデータしかありませんが、
驚くのはこの画像表示システムです。水平方向360度、垂直方向180度の画像を用意し、
風景を自由にぐるりと見回すことができるのです。まるで自分がその場所に行って
ビデオカメラで撮影しているような疑似体験を得る事ができます。 
 しかし、技術も凄いが、それより凄いのは大都市のあらゆる場所や住宅街の
裏道までをカバーしている事でしょう。長期間に亘り地道な撮影走行を重ねて
いたことは想像するまでもありません。
 
さて早速、我が家や会社、親戚や、友人の家などの住所を片っ端から検索し、地図を
表示させてみました。すると・・・・。
なんと、我が家の車が違っている! 今年の2月に車が故障し、修理に出したので代車
として来た赤いメルセデス・ベンツCクラスが我が家の車庫にいるではありませんか。
3~4日しかいなかったのですが、そのタイミングでグーグルが撮影に来てしまったのですね。
なんというバッドタイミングでしょう。我が愛車はグーグルマップに登場できなかったのです。
続いて親戚の家も見てみたらまたもや驚き!玄関に伯父が立っているではありませんか。
プライバシー保護の為、人物にはボカしが入るとの発表がありましたが、ちゃんと
守られていないようです。(この画像は私がボカシを入れておきました。
 
 
 
 
 
 
広告