「ル ブーランジェ ドミニク サブロン」のパンを買う前に、一息つくため
カフェに入りました。行列していたので、ちょっと一休みしてから並ぶ事にしたのです。
 
そのカフェ「コート・ド・ルージュ」はフレンチの老舗「銀座マキシム・ド・パリ」の系列店。
赤坂サカスには「マキシム」のカジュアル店「ヴィエイユ・ヴィーニュ・マキシム・ド・パリ」が
オープンしたのですが、ここはそこの階下にあるカフェワインバーです。
赤坂Biz Towerとは別棟になっていて実は「ドミニク サブロン」もカフェと同居しています。
国内最多種のグラスワインを提供するそうで、確かに店内には大型のワインセラーが
置いてありました。ロマネコンティのグラスワインもあるそうですが一杯23000円とか・・・。
 
私は飲み物をマキシムオリジナル『匠コーヒー』とデザートは「マキシム・ド・パリ」の
パティシエが作ったミルフィーユを注文しました。840円+1260円=2100円です。
ちょっと高い・・・。味はコーヒーはまあまあです。雑味がなくすっきりしたマイルドな
ヨーロピアンな味。ミルフィーユはさくさくした食感で間に挟んであるクリームと
苺の味が良かったです。でも1260円とはねえ・・・。ブランド代とテナント料が
かなり高いのでしょうか。でも正直言って「マキシム」のブランド力など、もう衰弱して
いると思いますが。
 
広告