1年半ほど前に記事にした携帯電話のリチウムイオンバッテリーの
膨張現象ですが、今回、さらに異常事態に襲われました。(笑)
今年の1月にドコモのN905iに買い換えた際、前の機種N901isは
買い換える直前から一昨年の画像のバッテリーほどの膨張具合になっており
もう、完全に寿命を迎えていました。ですから、901はお役目御免となり充電台
にも載せずにパソコン机の横に放置しておいたのです。そしてそれから数ヶ月後・・・。
ふと、パソコンモニター横に置いてあった901を何気なく眺めていたら、ボディが
変形していることに気が付きました。
なんとボディ裏のバッテリー交換用の蓋がはじけているのです。びっくりして
蓋を開けたらパンパンに膨れ上がり爆発寸前のようなバッテリーが姿を
現しました。充電は一切していなかったのに、何故? 内部で密かに化学変化が
起きていたのでしょうか。幸いにも爆発や発火は起こりませんでしたが
ちょっと、ぞっとしてしまいました。
 

 
広告