12月13日〜15日まで東京ビッグサイトにて「エコプロダクツ2007」が
開催されておりまして、最終日の15日(土曜日)に 見学に行ってきました。
環境に配慮した製品やサービス、社会や企業の先進的な取り組みを
紹介する国内で最大規模の 環境展示会で今年で9回目の開催となります。
主催は産業環境管理協会、日本経済新聞社で、後援、協賛には経済産業省、
環境省をはじめとする 国や都道府県の行政や財団法人、大学、NPO、電器、
自動車、食料品メーカーや出版社、など 600社を超える団体が参加、出展
しています。恥ずかしながら、昨年、初めて知った次第で今回、二回目の見学です。
入場者数は昨年が15万人、今回は16万人を超えたそうです。
 
 
近年の環境問題の高まりから、かなり注目を集める大きなイベントに成長しました。
やはり異常気象(猛暑、大雨、)で地球温暖化の心配を懸念する人が増え企業も
環境対策を推進しないと反社会的な企業と烙印を押され、批判や不買運動に
つながる可能性もあり、求人にも影響が出かねないので動き始めたのでしょうか。
いえ、理想論や机上の空論のような展示でなく実際に工場や製品の改善に
取り組んでいる企業がほとんどでその対応や技術的な追求には感服してしまいました。
 
しかし、実際にはこのような展示会を開催すれば電気は使うし、入場者も車で来るし
(事実、駐車場は満車だった)環境には優しいとは言えないのです。ここに参加することで
出品者も見学者も環境問題に対する免罪符を手に入れたつもりになるのでしょうか。
しかし、PR、啓蒙活動の場としてみれば無駄ではなく、必要性の高いイベントであることは
間違いありません。
 
環境省の広報によると京都議定書で約束したCO2の6%削減目標を実現するための
家庭での数値目標は年間3700万トン。
「1人1日1キログラムのCO2ダイエット」を呼びかけていますが、これを実現できれば
達成できる数値なのです。そのためにはどうすれば良いか。エアコン、冷蔵庫、照明
などをエコ商品に切り替え、見ないテレビは消す、いない部屋の電気は消す、
シャワーもこまめに閉める、などの地道な省エネ活動や生活習慣の変革が必要です。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告