昨年に引き続き、箱根に紅葉狩りに行ってきました。
昨年は芦ノ湖の「山のホテル」でランチの後、箱根湯本経由で
強羅公園に向かったのですが、途中渋滞などで到着したのは
午後3時30分頃でした。ですので今年は最初から強羅を目指す事にしました。
ランチをどこで摂るか、家族会議になり、富士屋ホテルに行こうと
決まりましたが、予約の電話を入れたら既に満席になっており、断念しました。
そして、昨年強羅から帰宅する際に通過したポーラ美術館を思い出し、
そこのレストランでランチをいただく事にしました。ポーラ美術館は
東名御殿場ICから仙石原交差点を強羅方面へ左折(南下)して
国道733号の峠道を登っていくと急に周囲が開けた地帯の道路左側に
バス停とガラスとコンクリートで作られた美術館入り口が出現します。
建物は道路より低い谷間に向かって建設されており全体は道路側からは
見ることができません。専用駐車場に車を停め、美術館に入館すると
その全容が姿を現します。そしてその独創的なコンセプトが理解できるのです。
 
ガラスとコンクリートで構成された、そのデザインは斬新で、かつ自然との
一体感、共生を感じさせる、明るく軽やかな建物でした。こんな箱根の森林
地域にこれほど未来的で先進的な建物があったとは驚きでした。
 
 
 
11時20分過ぎに到着したのでそのまま、ランチに直行となりました。
レストランは「アレイ」という名のカジュアルフレンチのレストラン。
大きなウィンドウからは小塚山が見渡せ中庭の紅葉も楽しめました。
 
いただいたランチはコースで我々が頼んだのは「アレイコース」。
内容は、オードブル3品盛り合わせ
旬野菜のヘルシースープ
沼津港直送 本日の魚料理 又は 牛フィレ肉のソテー エストラゴンソース
季節のデザート
コーヒー又は 紅茶  ¥3,675
でした。凝った料理ではないですし、高級食材も使っていませんが
まあ、普通にゆったり優雅に楽しめました。
 
 
 
 

広告