月に数回、買物に行く成城の東宝日曜大工センター。
名前の通り、ここは映画会社東宝が経営するDIYの店です。
我が家も猫のエサから電球、洗剤、工具、文房具、ペンキ、等
ここで調達する事が多いです。
この店はこの地域では唯一の大規模なホームセンター。
ご近所に住んでいる加○雄三がベニヤ板を買っているのを
目撃した事もありました。(笑)台車を借りて自分の車までお運びに
なっていましたが、バランスを崩して台車は転倒。積んでいたベニヤや
材木が崩れて、私の足元の前方に散らばりました。数センチずれて
いたら足に当たっていたかもしれません。(もう10年以上前の話ですが)
人身事故にならなくて幸いでしたがあんな大スターでも日曜大工をされる
のかと、ちょっと微笑ましかったです。
偶然遭遇した有名人と言えば故松○優作の奥様もお見かけしました。(笑)
ここは戦前から存在する歴史と伝統のある東宝撮影所(旧名)の
敷地の隣にあるので買物に行く際には必ず撮影所の正面ゲート前を
通過していきます。ところで最近、この正面ゲートが大きくリニューアル
されました。いや正面ゲートだけではなくスタジオ全体も2004年以降、
大規模なリニューアル工事が行なわれ、外観が一変したのです。
 
映画産業は斜陽産業と言われて久しいですが、東宝も例外ではなく
撮影所の敷地を住宅展示場に貸し出したり、スーパーの「ピーコック」
を誘致していました。3年前には1960年に完成し数多くの戦争映画の名作や
怪獣映画が生まれた歴史ある特撮用大プールをついに解体してしまいました。
伝統の撮影所は徐々に時代の変化を受け姿を変えていったのです。
下の画像は私が20年以上前に撮影した今はなき大プールです。
 
こちらのウェブアルバムにも私が撮影した東宝関係&他の特撮物の画像があります。↓
今回の工事で一般の人間にはやはり正面ゲートの変化が印象的でしょう。
まずゴジラの彫像が設置されたのと建物の壁に映画「七人の侍」の
巨大壁画が描かれたのが最もインパクトある改修工事でしょう。
でも、やはり東宝を代表するのは「ゴジラ」と「七人の侍」なのでしょうか。
個人的には異論はないので、このままで結構なのですが、(笑)
反対意見とか別案はなかったのでしょうか。気になりますね。
 
ゲートを越えて日曜大工センターへ向かう遊歩道に設置されたゴジラの看板。
この道は桜並木で春になると花見の名所になります。
広告