今日28日、第30回隅田川花火大会を見物に行ってきました。
長い歴史を誇る花火大会なので30回とは意外ですが、これは
1978年に復活してからのカウントです。この大会は1732年(享保17年)
に発生した大飢饉とコレラの死者を弔うために「水神祭」として1733年5月28日
に両国の川開きで花火大会を催したのが始まりとされているそうです。打ち上げを
担当したのは「鍵屋」という業者でしたが、後に分家の「玉屋」が加わり、二社の
競合体制となりました。有名な花火の掛け声「「たまやー」「かぎやー」の由来は
ここからです。「鍵屋」は(株)宗家花火鍵屋として現在も営業を続けていますが
「玉屋」は1843年に火災を起こし廃業してしまいました。
 
大会の見物場所はあるビルの屋上から。ここは打ち上げ場所の真前で
絶好のビューポイント。ただし近すぎると花火の煙が煙幕になってしまって
見難くなる場合もありますが、今回は風向きが良かったのか、煙は邪魔に
ならず、大迫力の花火を堪能できました。
 
 
 
広告