銀座の日産ギャラリーへ新型SUV「デュアリス」を見に行ってきました。
車自体にはあまり興味はなかったのですが、プロモーションや広告が
気になっていたのです。それは、アニメ監督、メカデザイナー、アイボの
デザイナーとして知られる河森正治氏がデザインしたモビルスーツを
デュアリスのTVCMや日産自動車の公式サイトに登場させ、この銀座
日産ギャラリーにも、そのモビルスーツを展示しているのです。
 
モビルスーツで最も有名な存在は「機動戦士ガンダム」ですが、それの
元になったのはSF作家ハインラインの小説「宇宙の戦士」です。数年前
ポール・バーホーベン監督で映画化され「スターシップ・トゥルーパーズ」の
題名で公開されました。モビルスーツの概念は「強化防護服」であり
「着用型動力強化装置」なので、車も一種のモビルスーツなのだ、という
考え方なのでしょう。
 
それにしてもアニメマニアやオタクなどの限られた世界や、一部の人間の
間で有名だった河森氏を幅広い層へのアピールに登用するとは、アキバ
的な嗜好が脚光を浴びているのか。というかガンダム的世界が普遍的な
価値感になりつつあると認識すべきなのでしょうか。
いかにも河森風のデザインですが、大手自動車メーカーと
広告代理店が、この世界に着目しているのは興味深いです。
 
 
 
広告