いよいよ日本で最高価格の市販車レクサスLS600hが発売されました。
レクサスLS460のハイブリッドバージョンです。
 
最も高価なのはバージョンUと呼ばれる車種のロングホイールベース版。
1500万円だそうです。しかし、すでに4000台の予約が入っているのだとか。
昨日、レクサス店の前を通りましたが、置いてあったのはLS460で、この
ハイブリッドのLS600hはまだ展示してありません。あまりにも高価であり
生産台数も少ないので展示試乗車は用意できないのかもしれませんね。
トヨタ本社の役員用の車でさえお客優先で納車が後回しになっているらしく
試乗車は恐らく、都内で数台しか用意されていなくて、各ディーラーを転々と
するのでしょうか。メルセデスのS600やBMWの760iなど輸入車の
最高級車もそうですから。試乗も予約制なのでしょうね。
 
LSハイブリッドはGSハイブリッドの場合とは異なり専用デザインを取り入れています。
ヘッドライトとバッジ類が控えめではありますがノーマルとは別格になっています。
でも、もう少し変えても良いのにと思うのです。システム出力445馬力と言えば
もはやレーシングカーの馬力です。つい数年前まで日本車では最高の動力性能を
誇ったスカイラインGT-Rを遥かに凌駕する馬力です。GT-Rを記号化している
のは馬力と共にオーバーフェンダーやテールウィングなどのエアロパーツだった
訳ですが、(ランサーエボリューションやインプレッサWRX STIも) 高性能車の
シンボルであるエアロパーツを着けなかったというのはAMGに対するアンチテーゼ
なのでしょうか。と共に最高価格帯の車種であるのでメインの購買層の保守層、
法人族に受け入れられるための配慮でしょうね。
 
個人的な好みではLSのスタイリングには気に入らない部分がかなりあります。
ディテールの処理など整合性の取れていない箇所もありますし、曲面と曲面の
合わせ面など繊細さがない処理の仕方です。
 
またphotoshopで自分の好みに修正してみました。(笑)
全体的にスポーティーにしてみました。え?改悪ですか?失礼しました。(笑)
 
 
 

 
 
 
 
 
 
広告