開業から11年が過ぎて最新トレンドから遅れつつあった新宿高島屋ですが
先週の4月19日、ついに改装オープンして一気に最新モードに衣替えになりました。
その新宿高島屋4階「特選フロア」内に、ミシュランガイド3ツ星を獲得したフランス人
スーパーシェフ、ピエール・ガニェール氏のデザートカフェ「パティスリー ピエール・
ガニェール」が同時にオープンしました。
そのエレガントな店舗デザインを創造したのは、南青山にあるガニェール氏の
フレンチレストラン「ピエール・ガニェール・ア東京」から引き続き、担当された
フランス人デザイナー、クリスチャン・ジオン氏。店のエントランス部分から
典雅なオーラが放射されていて特選フロアのゴージャス感をも凌ぐ空間デザイン
になっています。カウンター、ショーケース、カーペット、ファニチャー、壁紙、
照明など、鮮やか、かつ繊細なデザインであり、高度なテクニックとセンスが
なければ成功しなかったでしょう。

デザートメニューはすべて同店のためだけにガニェール氏が
考案したものだそうで、約15種類を揃えています。

ガニェール氏のレストラン、「ピエール・ガニェール・ア東京」には昨年訪れていて、

感銘を受けました。アイデアと美的センスに溢れたアーティスティックな料理も
素晴らしいですが、デザートが、更に創造的なモダンアートのようなスイーツ群でした。
あのスイーツを体験すれば、このパティスリーにも大いなる期待を寄せてしまうのは
当然の話だと思います。今日は、まず目玉商品となる「青山スタイル アッシェット
デセール」と呼ばれる3皿構成のデザート「3アシェット・ド・デセール」(2,100円)を
オーダーしました。+コーヒー(840円)です。
内容は3皿からなる”ひらめき”のデザート 季節のフルーツから程良い甘さの
コンフィズリー、ショコラです。青山店でのコース料理からデザート部分だけを楽しめる
様にしたスイーツのコースです。

最初にコーヒーがやってきましたが、一口、二口味わう頃に、デセールが次々と

到着します。まず上品なイエローとピンクのパステルカラーのデザートに
ガニェール氏の色彩感覚と独創的な味の魔術を感じます。サフランのアイスクリーム
の下にトマトドレッシングを混ぜたというクリームが、絶妙なコントラスト。
深みのある甘さです。サフランアイスの上には砕かれたブラックオリーブが載っていて
アクセントにもなっています。続く皿にはカシスのメレンゲが載ったパルフェ、下には
グレープフルーツのコンフュが敷かれ、これも意外性がありながら上手く調和して
いて美味しかったです。最後のチョコレートケーキも赤ピーマンのピューレが添えられ
ていて味覚と視覚に効果的な衝撃を与えます。

飲み物と合計で3000円近いですが、この雰囲気と味ならば納得できる金額でしょう。

と、言いたいところですが、今回、ある方にご馳走していただきました。
本当にありがとうございました。ごちそうさまでした。
 
エントランス部分とカウンター付近は異様に広々としていますが、肝心の客席間
の間隔はあまり余裕がありませんでした。もう少し隣の席との距離を置いて欲しいですね。
 
 
広告