先週、桜新町の八重桜を見物した後、下北沢を訪れました。実は以前から
雑誌で情報を仕入れていた喫茶店に行ってみたかったのです。その名は
「喫茶 ミケネコ舎」です。やさしい、癒しのカフェ。そんな表現が相応しい寛ぎの空間。
 1937年に建てられたという古い民家の2階にこのカフェはあります。ミケネコという名が
なんとぴったりなのでしょう。優しさと懐かしさ、飾らない可愛らしさに満ち溢れています。
 
北沢タウンホールの前の茶沢通りを南下すると古色蒼然とした、しかし、良い感じに
エイジングされたと表現すべき建築物が姿を現します。入り口は一瞬、迷うのですが
建物の横に回ると2階へ上がる階段がお隣との隙間にひっそりと佇んでいました。
この階段を登って行くと、昭和の香りが立ち込めレトロな世界へ引き込まれていきます。
店内はアンティーク家具や装飾品を揃え、昭和のテーマパークのようです。残念ながら
この店は撮影禁止の為、画像はお見せできませんが、外観から推測できるでしょうか。
 
 また、このカフェの自慢は空間(=時間)だけではありません。店主が以前、勤めて
いらした軽井沢の「丸山珈琲」と同じ一級品の豆を使用、抽出も同じくコーヒープレスを
使っています。コーヒープレスは紅茶を抽出する器具としておなじみのティープレスに
そっくりでコーヒーの豆を挽いた粉を入れてお湯を注ぎ、上からレバーを押す方式です。
コーヒーを注文するとカップと共にテーブル席まで運んできてくれますので、じっくりと
観察する事ができます。今回、ブラジル・サマンバイア農園の豆を使ったスペシャル
コーヒーをオーダーしました。香りが良くマイルドな苦味と酸味を抑えた甘口のコーヒー
で、この癒しの空間で味わう事により穏やかで優しい気分に包まれていきます。
白ごまのチーズケーキもいただきました。これも穏やかな温かい味、体にも優しそうです。
 
美味しいコーヒーをいただいた後、このカフェを出ましたが、もう少しこの古い建築物を
探求してみようと思い、他の店舗まで足を伸ばしてみました。そこにはまた驚きのレトロ
なお店が・・・。「しもきた九龍城」と言う、懐かしい玩具の専門店でした。仮面ライダー、
ウルトラマン、ゴジラ、宇宙戦艦ヤマト、機動戦士ガンダム等懐かしいキャラクター玩具
で溢れかえっていました。最近の商品もありますがほとんどが10~40年前の物です。
 
ここのオーナー店長とお話させていただきましたが、普段は会社員をしていて土日だけ
この店をオープンし、店番をされているのだそうです。昔から玩具が大好きで趣味と実益
を兼ね(あまり儲からないと仰っていましたが)そして、仕事のストレス解消の効果もあって
楽しく営業されているのだそうです。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

広告